Rakuten infoseek

辞書

松平広忠【まつだいらひろただ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松平広忠
まつだいらひろただ
[生]大永6(1526).三河
[没]天文18(1549).3.6. 三河
戦国時代の武将。清康の子。母は青木貞景の娘。徳川家康の父。生涯を通じて今川義元援助を受けた。天文 16 (1547) 年織田信秀攻撃を受け,義元の援助を受けるため,6歳になる竹千代 (家康) を人質として駿府に送ったが,途中信秀の手に奪われた。その後今川氏の援助で三河を平定したが,側近岩松八弥に殺害された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

松平広忠 まつだいら-ひろただ
1526-1549 戦国時代の武将。
大永(たいえい)6年生まれ。松平清康(きよやす)の子。徳川家康の父。天文(てんぶん)4年父の死で大叔父松平信定に三河(愛知県)岡崎城を追われる。今川義元の援助をうけ,6年帰城。10年刈谷城主水野忠政の娘於大(伝通院)と結婚。今川方の属将として織田信秀とたたかうが,16年義元への人質竹千代(家康)を信秀側にうばわれる。天文18年3月6日家臣に殺害された。24歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

まつだいらひろただ【松平広忠】
1526‐49(大永6‐天文18)
戦国時代の三河国の武将。清康の子で徳川家康の父。通称次郎三郎,法名道幹。守山崩れで清康が殺された後,一族の桜井松平信定に岡崎城を追放され,今川義元の後援で37年に復帰。41年刈谷城主水野忠政の女於大(おだい)(伝通院)をめとり,翌年家康が誕生したが,44年於大を離別した。織田信秀の三河進出と一族・家臣の離反に苦しみ,今川氏の属将となる。42年,48年の信秀の来襲を撃退するが,49年3月家臣に殺された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

松平広忠
まつだいらひろただ
(1526―1549)
戦国時代の武将。三河(みかわ)松平家8代目。岡崎城主。清康(きよやす)の子。徳川家康の父。10歳のときに父清康が織田信秀(のぶひで)と戦うため、尾張守山(おわりもりやま)へ出陣中に家臣の阿部弥七郎(やしちろう)に刺殺(守山崩れ)されたため、大叔父信定(のぶさだ)に岡崎城を追われ、伊勢(いせ)、遠江(とおとうみ)、三河を流浪。のち今川義元(よしもと)の後援を受け、1537年(天文6)ようやく岡崎に帰ったが、以後も松平家では今川・織田勢力を背景に内紛が続いた。そうしたなかで41年、三河刈谷(かりや)城主水野忠政(ただまさ)の女(むすめ)(於大(おだい))と結婚、翌年に竹千代(たけちよ)(家康)が生まれた。その後45年安祥(あんじょう)城を攻め、47年には戸田康光(やすみつ)の拠(よ)る田原(たはら)城を陥れたが、織田信秀の来攻に際し、竹千代を人質として今川義元に救援を求めた。竹千代が駿府(すんぷ)に赴く途中、田原付近で戸田康光に奪われ、織田氏のもとへ送られたのはこのときである。のち三河平定に尽くしたが、天文(てんぶん)18年3月、近臣岩松八弥(いわまつはちや)に刺殺された。[久保田昌希]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

松平広忠 (まつだいらひろただ)
生年月日:1526年4月29日
戦国時代の武将
1549年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松平広忠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松平広忠の関連情報

関連キーワード

後柏原天皇バーブルコレッジョデリー・サルタナット後奈良天皇デリー・サルタナットムガル帝国ヤギエウォ朝後柏原天皇ムガル帝国

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.