Rakuten infoseek

辞書

松平乗邑【まつだいらのりむら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松平乗邑
まつだいらのりむら
[生]貞享3(1686)
[没]延享3(1746)
江戸時代中期の下総佐倉藩主,幕府老中。乗春の子。大給松平氏の出身。第8代将軍徳川吉宗に重用され享保の改革で活躍。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

松平乗邑 まつだいら-のりさと
1686-1746 江戸時代前期-中期の大名。
貞享(じょうきょう)3年生まれ。松平乗春(のりはる)の長男。元禄(げんろく)3年5歳で肥前唐津(からつ)藩(佐賀県)藩主松平(大給(おぎゅう))家3代となる。志摩鳥羽,伊勢(いせ)亀山,山城淀(よど)と移封享保(きょうほう)8年大坂城代から老中に就任し,下総(しもうさ)佐倉藩(千葉県)藩主となる。6万石。享保の改革参画,幕府財政の再建にあたる。延享2年老中を罷免され,蟄居(ちっきょ)を命じられた。延享3年4月16日死去。61歳。初名は乗益(のります)。和泉守。著作に「乗邑名物記」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

松平乗邑 まつだいら-のりむら

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

まつだいらのりさと【松平乗邑】
1686‐1746(貞享3‐延享3)
江戸中期の譜代大名で,享保改革の後半を担当した老中。大給(おぎゆう)松平氏。幼名源次郎・乗益,和泉守のち左近将監。1690年(元禄3)父乗春の遺領肥前唐津6万石を継ぎ,志摩鳥羽,伊勢亀山,山城淀と転じ,1723年(享保8)4月老中に任じ,5月下総佐倉城主となった。37年(元文2)6月勝手掛(かつてがかり)老中となり,勘定奉行神尾春央(かんおはるひで),勘定組頭堀江芳極(ただとう),代官上坂(うえさか)政形らと,有毛検見取法(ありげけみどりほう)による年貢増徴,関東流作場や秣場(まぐさば)などの開発と検地,公金貸付政策を実施し,幕府財政を再建した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

松平乗邑
まつだいらのりさと
(1686―1746)
江戸幕府、享保(きょうほう)の改革後半期の老中(在任1723~45)。大給(おぎゅう)松平氏。1690年(元禄3)父乗春(のりはる)の遺領6万石を相続、肥前(佐賀県)唐津(からつ)城主となり、翌年志摩(三重県)鳥羽(とば)城に移封。1700年(元禄13)従(じゅ)五位下和泉守(いずみのかみ)に叙任。10年(宝永7)伊勢(いせ)(三重県)亀山城に移り、17年(享保2)山城(やましろ)(京都府)淀(よど)城主となる。22年かりに大坂城代を命ぜられ、左近将監(さこんのしょうげん)と改称。翌23年老中に登用され、下総(しもうさ)(千葉県)佐倉に移封。従四位下に昇叙。翌年侍従に任官。これから8代将軍吉宗(よしむね)を補佐して享保の改革遂行に敏腕を振るい、とくに37年(元文2)勝手掛を命ぜられて、米価問題などで崩れかけた財政の再建に活躍。45年(延享2)3月には1万石の加増を受けたが、同年将軍吉宗が隠退すると、10月突然加増分を没収、隠居謹慎(きんしん)を命ぜられた。真相は明らかでないが、おそらく改革政治への反感を一身に負わされたのであろう。延享(えんきょう)3年4月16日没。[辻 達也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

松平乗邑 (まつだいらのりさと)
生年月日:1686年1月8日
江戸時代中期の大名
1746年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まつだいら‐のりさと【松平乗邑】
江戸中期の老中。下総国佐倉藩主。乗春の子。八代将軍吉宗の信任厚く享保の改革を断行し、幕藩体制の安定強化に努めたが、家重が将軍となると、讒言(ざんげん)によって罷免された。貞享三~延享三年(一六八六‐一七四六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松平乗邑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松平乗邑の関連情報

関連キーワード

形而上学叙説井原西鶴小田原藩ビジャープール王国吉田半兵衛頭・天窓入目現・顕

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.