Rakuten infoseek

辞書

松山【まつやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松山
まつやま
宮城県北西部,大崎市南東部の旧町域。鳴瀬川の中流南に位置する。 1890年町制。 2006年古川市,三本木町,鹿島台町,岩出山町,鳴子町,田尻町の1市5町と合体して大崎市となった。南部は丘陵地帯,北部大崎平野の一部をなす平坦な地帯で,水田が広がる。室町時代に遠藤氏が山城の千石城を築き,発展した。のち伊達氏の所領となり石川氏,茂庭氏が居城,小城下町を形成した。鳴瀬川流域の肥沃な沖積地で米の生産が盛ん。金谷亀井囲横穴古墳群がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松山
まつやま
山形県北西部,酒田市南東部の旧町域。最上川下流部右岸に位置する。 1955年上郷村,松嶺町,内郷村が合体し山町が成立。 2005年酒田市,八幡町,平田町と合体して酒田市となった。寛文4 (1664) 年支藩である松山藩の初代藩主酒井忠恒が藩の繁栄を祈念し,城地の一部である中村 (のちの松嶺町) を松山と改称したことが地名の由来ともいわれる。以後,城下町として発展した。米作畜産などが行なわれ,江戸期に藩士の副業として始められた,麩 (ふ) の製造は伝統産業となっている。一部は最上川県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松山
まつやま
鹿児島県南東部,志布志市北部の旧町域。志布志湾に注ぐ菱田川の中流域にある。 1958年町制。 2006年志布志町,有明町と合体して志布志市となった。中心地区の新橋は菱田川の東岸にあり,江戸時代には島津氏直轄地で地頭仮屋 (→ ) があった。丘陵や台地が広く,サツマイモタバコなどの栽培メロンピーマンなどの施設園芸,畜産が行なわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まつ‐やま【松山】
松の生い茂っている山。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まつやま【松山】[愛媛県の市]
愛媛県中部の市。瀬戸内海伊予灘に臨む。県庁所在地化学工業が盛んで、また、伊予絣(がすり)特産。もと松平(久松)氏の城下町。松山城道後温泉・奥後温泉がある。正岡子規高浜虚子生地。人口51.7万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まつやま【松山】[高梁市の旧称]
岡山県高梁(たかはし)市の旧称。→高梁

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

松山 しょうざん

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラス

松山
鹿児島県志布志市にある道の駅。県道飯野松山都城線に沿う。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まつやま【松山】
武蔵国比企郡の中心部(現,埼玉県東松山市)。松山本郷ともいう。鎌倉期この地域一帯には押垂(おしだれ),小代(しようだい),高坂,野本らの鎌倉御家人や小代仏師,岩殿山,光福寺,野本寺などが知られるが,松山の名は確認できない。南北朝期にこれら諸氏は滅びこの地域は足利氏領となり,諸寺領等に分与され,一部は関東管領上杉氏の重臣上田氏の所領となるか。松山本郷の初見は1409年(応永16)だが領主未詳。戦国初期には市ノ川を隔てた対岸の比企丘陵先端(横見郡。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

まつやま【松山】
備中国の城下町。現在の岡山県高梁(たかはし)市の中心部。町の北方にある臥牛(がぎゆう)山(400m)の山頂には中世に山城が築かれ,秋庭(あきば),上野,庄,三村の諸氏が相次いで城主となった。関ヶ原の戦後に小堀正次,政一(遠州)が備中代官として松山在番となった。1617年(元和3)池田長幸松山藩万5000石を領し,次の藩主水谷(みずのや)氏時代(1642‐93)に松山城下町がほぼ完成した。歴代藩主の居城は臥牛山頂にあり,山麓に設けられた〈御根小屋〉が藩主の居館かつ政庁である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まつやま【松山】
愛媛県中部の市。県庁所在地。瀬戸内海の伊予灘いよなだに臨み、商工業が発達。近世、久松氏一五万石の城下町。松山城・道後温泉がある。伊予絣がすりを特産。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まつ‐やま【松山】
[1] 〘名〙 松の木が多く茂っている山。しょうざん。
※後撰(951‐953頃)恋三・七六〇「岸もなく汐しみちなば松山を下にてはこさむとぞ思ふ〈伊勢〉」
[2]
[一] 愛媛県中央部の地名。県庁所在地。江戸時代は松平氏一五万石の城下町。高浜・三津浜港があり、重化学工業が盛ん。在来伊予すりの生産も行なわれる。道後・奥道後などの温泉がある。明治二二年(一八八九)市制。
[二] 明治四年(一八七一)七月の廃藩置県により伊予国に置かれた県。同年一一月、今治・小松・西条の各県と旧幕府領を合わせ、翌年、石鉄(せきてつ)県と改称。同六年に神山県と合体して愛媛県となる。
[三] 岡山県高梁(たかはし)市の旧称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.