Rakuten infoseek

辞書

松下見林【まつした けんりん】

美術人名辞典

松下見林
者。名は、秀明、字は諸生。西峰散人・見林と号す。初め句読を父に学び京都に出て古林見宜の門に学ぶ。父歿後を以て業とし博覧強記漢学に精しく、本邦の古典を渉猟す。傍ら儒書医籍及び本邦の記伝を講読し、蔵書も多く、著書に『異称日本伝』『公事根源集釈』『習医規格』等がある。明治三十年従四位を贈られる。元禄16年(1703)歿、67才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

まつした‐けんりん【松下見林】
[1637~1704]江戸前期の儒医国学者大坂の人。名は慶・秀明。号、西峯山人。和漢の学に精通し、「三代実録」を校訂出版。異称日本伝」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

松下見林 まつした-けんりん
1637-1704* 江戸時代前期の医師,儒者。
寛永14年1月1日生まれ。大坂の医師松下見朴の養子。儒医古林見宜(けんぎ)にまなぶ。京都で医業のかたわら「三代実録」を校訂し,「異称日本伝」などをあらわす。後年,讃岐(さぬき)高松藩主松平頼常につかえた。元禄(げんろく)16年12月7日死去。67歳。本姓は橘。名は秀明,慶摂。字(あざな)は諸生。号は西峯山人。
【格言など】謹んで墓碣を建つる勿(なか)れ,吾が後人に期するところ,著述の在るあり,もって百世に朽ちざるにたらん(遺言)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

まつしたけんりん【松下見林】
1637~1703 江戸前・中期の儒医・国学者。大坂の人。号は西峯山人。見林は通称。京都で医学や経書を教授、史伝を研究し「三代実録」を校訂出版。著「異称日本伝」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

松下見林
まつしたけんりん
(1637―1703)
江戸前期の儒医、歴史家。名は慶、秀明。字(あざな)は諸生。見林は通称。大坂の医家に生まれる。13歳で古林見宜(ふるばやしけんぎ)(1579―1657)に入門し、医学、儒学を学び、国史を修める。のち京都で医術を業としつつ、儒学、国史を究め、かつ講ずる。考証に秀で、『三代実録』を校正・刊行し、三十余年を費やして『異称日本伝』を著す。後者は外国史料に基づく国史研究書で、史学史・思想史上意義が大である。晩年高松藩に仕えた。[玉懸博之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

松下見林 (まつしたけんりん)
生年月日:1637年1月1日
江戸時代前期;中期の歴史家
1704年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まつした‐けんりん【松下見林】
江戸初期の儒医、国学者。大坂の人。国学と考証に詳しく、「三代実録」を刊行した。著は他に外国資料による日本史研究書「異称日本伝」など。寛永一四~元祿一六年(一六三七‐一七〇三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松下見林」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松下見林の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.