Rakuten infoseek

辞書

杵屋勘五郎【キネヤカンゴロウ】

デジタル大辞泉

きねや‐かんごろう〔‐カンゴラウ〕【杵屋勘五郎】
長唄三味線方。
(3世)[1815ころ~1877]前名、11世六左衛門。通称、根岸の勘五郎。作曲にすぐれ、音曲の故実にも通じていた。「四季の山姥(やまんば)」「橋弁慶」などを作曲。
(5世)[1875~1917]12世六左衛門の次男。三味線の名手。「新曲浦島」「島の千歳」「多摩川」などを作曲。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きねやかんごろう【杵屋勘五郎】
長唄三味線方。現在まで6世を数えるが,3世と5世が著名。(1)初世(1574?‐1643?∥天正2?‐寛永20?) 中村勘兵衛の実子で,江戸歌舞伎の開祖猿若(中村)勘三郎の弟といわれる。道広と号する。元和年間(1615‐24)に勘三郎とともに江戸に下り,猿若狂言の脇師をつとめていたが,小歌が巧みであったという。杵屋始祖といわれているが,長唄とは直接の関係はない。(2)2世(1619?‐99?∥元和5?‐元禄12?) 2代杵屋六左衛門の実子といわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きねやかんごろう【杵屋勘五郎】
長唄三味線方。
(三世)1815頃~1877 前名、杵屋六左衛門(一一世)。通称、根岸の勘五郎。「紀州道成寺」「四季の山姥やまんば」「橋弁慶」「綱館」などを作曲。
(五世)1875~1917 一二世杵屋六左衛門の次男。「新曲浦島」「多摩川」「島の千歳せんざい」などを作曲。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

杵屋勘五郎
きねやかんごろう
長唄(ながうた)三味線方。杵屋六左衛門、杵屋喜三郎とともに杵屋宗家の名義。

初世

生没年不詳。杵屋宗家の始祖。江戸歌舞伎(かぶき)の始祖とされる猿若勘三郎(1598―1658。初代中村勘三郎)の実弟。猿若狂言の脇師(わきし)を務めたといわれる。[渡辺尚子]

2世

(1619―99)宗家の3代目にあたり、2代宗家六左衛門の実子。前名喜三郎。狂言師から三味線方に転向、『焙烙聟(ほうろくむこ)』『紅葉狩(もみじがり)』『七段獅子(じし)』などを作曲したといわれる。江戸長唄三味線の始祖とされる。[渡辺尚子]

3世

(1815ころ―77)11代宗家六左衛門の後名。1868年(明治1)勘五郎を襲名。「根岸の勘五郎」とよばれる。『紀州道成寺』『四季の山姥(やまんば)』『橋弁慶(はしべんけい)』『綱館(つなやかた)』などを作曲。音曲の故事にも通じ、『大薩摩(おおざつま)・杵屋系譜』『御屋舗(おやしき)番組控』など貴重な記録を残し、明治10年8月5日(一説に7日)に没した。[渡辺尚子]

4世

(1839―1917)稀音家浄観(きねやじょうかん)の前名(同項目参照)。[渡辺尚子]

5世

(1875―1917)12代宗家六左衛門の次男。前名喜三郎。1902年(明治35)5世を襲名。兄の13代六左衛門とともに歌舞伎長唄育成のために活躍、『新曲浦島』『島の千歳(せんざい)』などを作曲。[渡辺尚子]

6世

(1925― )14代六左衛門の次男。本名杵家安八郎。父および山田抄太郎(しょうたろう)に師事し、1942年(昭和17)6世を襲名した。56年、兄の15代喜三郎とともに杵屋会を結成。97年(平成9)2代目宗家寒玉(かんぎょく)を襲名。[渡辺尚子]

7世

(1955― )6世の長男。本名杵屋弘和。前名広吉。1997年(平成9)7世を襲名。[渡辺尚子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きねや‐かんごろう【杵屋勘五郎】
邦楽家。長唄三味線方。
[一] 三世。前名、六左衛門(一一世)。江戸下谷根岸に住み、根岸の勘五郎と称される。「四季の山姥(やまんば)」「竹生島(ちくぶじま)」など多くの名曲を残し、長唄の研究家としても知られた。文政一二~明治一〇年(一八二九‐七七
[二] 五世。一二世六左衛門の子。本名石原広吉。「新曲浦島」「多摩川」などを作曲。明治八~大正六年(一八七五‐一九一七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杵屋勘五郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

杵屋勘五郎の関連情報

関連キーワード

グリム(兄弟)ラ・ファリーナオブレノビチ家ミロシュ・オブレノビチ国家連合ウィーン会議ルイ[18世]オイレンブルクシュタインハルデス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.