Rakuten infoseek

辞書

東 八郎【アズマ ハチロウ】

新撰 芸能人物事典 明治~平成

東 八郎
アズマ ハチロウ

職業
コメディアン

本名
飛田 義一(ヒダ ギイチ)

生年月日
昭和11年 5月31日

出生地
東京市 浅草(東京都 台東区)

学歴
今戸中

経歴
昭和29年オペラ歌手・田谷力三に師事。30年コメディアンを志し、フランス座、東洋劇場などで活動を始める。しかし、浅草の劇場街が衰退したため、40年に“トリオ・スカイライン”を結成、テレビに進出、人気を博したが、46年に解散。48年から10年間、三波伸介とともにNHK「お笑いオンステージ」にレギュラー出演、全国的に名を知られるようになる。その後、「オールスター家族対抗歌合戦」「お笑いスター誕生」の審査員をつとめ、また東八郎劇団を率いて全国公演を行った。後進の育成にも熱心で、60年にはコメディアン育成のための笑塾を開講。63年7月自宅で意識不明となり、急死した。

受賞
浅草芸能大賞奨励賞(第3回)〔昭和62年〕

没年月日
昭和63年 7月6日 (1988年)

家族
長男=東 貴博(タレント),二男=東 朋宏(タレント)

伝記
ありがとう笑名人〈第1巻〉三木のり平・由利徹・笑福亭松鶴・東八郎・古今亭志ん朝歌った、踊った、喋った、泣いた、笑われた。―浅草で、渥美清、由利徹、三波伸介、伊東四朗、東八郎、萩本欽一、ビートたけし…が天国へ逝った満点パパ―東八郎の浅草人情物語 高田 文夫,「笑芸人」 編著松倉 久幸 著飛田 裕子 著(発行元 白夜書房ゴマブックスハート出版 ’03’02’89発行)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

東 八郎 (あずま はちろう)
生年月日:1936年5月31日
昭和時代のコメディアン
1988年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東 八郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東 八郎の関連情報

他サービスで検索

「東 八郎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.