Rakuten infoseek

辞書

東風【ひがしふう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東風
ひがしふう
義太夫節豊竹座芸風をいう。座祖豊竹若太夫はすべての切場を語っていたことから,その芸がおのずから豊竹座の芸風となった。呼称は同座が道頓堀の寄りにあったことに由来する。若太夫は天性の美しい声と華麗な節回しで女性の描写にすぐれていただけでなく,男性の豪快な表現もよくしたことから,全体に派手で音楽的な表現を得意とする。竹本座に対抗して互いに興隆し,人形浄瑠璃の黄金期を築いた。今日まで東風の曲として伝承されるものに『嬢 (むすめ) 景清八島日記』の3段目切「日向島」,『和田合戦女舞鶴』の3段目切「市若切腹」,『苅萱桑門筑紫 (かるかやどうしんつくしのいえづと) 』の3段目切「守官酒」などがある。また,愁嘆が最高潮に達したときに用いられる「大オトシ」という曲節は東風の曲に限って用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あゆ【東風】
あいのかぜ」に同じ。
「英遠(あを)の浦に寄する白波いや増しに立ちしき寄せ来―をいたみかも」〈・四〇九三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こち【東風】
東の方から吹いてくる風。ひがしかぜ 春》「―吹くや山一ぱいの雲の影/漱石

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こち‐かぜ【東風】
こち(東風)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐ふう【東風】
東から吹いてくる風。ひがしかぜ。春風。こち。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひがし‐かぜ【東風】
東から吹いてくる風。こち。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

東風
東から吹いてくる風、特に春に吹く東風。しばしば悪天前兆となる。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

こち【東風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

とうふう【東風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ひがしふう【東風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あゆ【東風】
東の風。あゆのかぜ。あい。 「 -をいたみ奈呉なごの浦廻うらみに寄する波/万葉集 4213

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こち【東風】
春、東から吹く風。ひがしかぜ。こちかぜ。 [季] 春。 「 -吹かばにほひおこせよ梅の花あるじなしとて春を忘るな/拾遺 雑春

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こちかぜ【東風】
こち(東風)」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とうふう【東風】
東から吹く風。こち。 ⇔ 西風
春風。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひがしかぜ【東風】
東の方から吹く風。ひがし。こち。 ⇔ 西風

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あゆ【東風】
〘名〙 東の風。あゆのかぜ。とうふう。こち。
※万葉(8C後)一八・四〇九三「英遠(あを)の浦に寄する白波いや増しに立ち重(し)き寄せ来(く)安由(アユ)をいたみかも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こち【東風】
〘名〙 東の方から吹いて来る風。特に、春に吹く東の風をいう。ひがしかぜ。こちかぜ。《季・春》
拾遺(1005‐07頃か)雑春・一〇〇六「こち吹かばにほひおこせよ梅花あるじなしとて春を忘るな〈菅原道真〉」
[語誌](1)上代には確例はない。中古には、「散りきてもとひぞしてまし言の葉をこちはさばかり吹きしたよりに」〔蜻蛉‐上〕のように秋の風とする例もある。「塵袋‐一」の「春は東より来れば、東風ははるかせ也」と、五行説を背景とした説明を参酌すれば、春の風に定着したのは、中世からであろう。
(2)挙例の道真の和歌は、「大鏡‐二」では、筑紫下向直前の逸話だが、のちに、この和歌をもとに飛梅説話が成立した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こち‐かぜ【東風】
〘名〙 =こち(東風)《季・春》
貫之集(945頃)一〇「こち風にこほりとけなばうぐひすのたかきにうつる声をつげなん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐ふう【東風】
〘名〙
① 東の方から吹いて来る風。ひがしかぜ。こち。
※菅家文草(900頃)三・宿舟中「寄宿孤舟上、東風不便行」
② 特に、春に東から吹く風。はるかぜ。春の風。
※文華秀麗集(818)中・奉和折楊柳〈巨勢識人〉「楊柳東風序、千条揺颺時」 〔礼記‐月令〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひがし‐かぜ【東風】
〘名〙 東の方から吹いてくる風。こち。ひがし。〔書言字考節用集(1717)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひがし‐ふう【東風】
〘名〙 義太夫節の語り口の名称。道頓堀の東側にあった豊竹座の始祖豊竹若太夫の曲風で、はなやかさが特徴。→にしふう(西風)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東風の関連情報

他サービスで検索

「東風」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.