Rakuten infoseek

辞書

東頸城丘陵【ひがしくびききゅうりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東頸城丘陵
ひがしくびききゅうりょう
新潟県南西部を占める丘陵。信濃川を挟んで東方にほぼ並行して魚沼丘陵があり,西方高田平野がある。新第三紀層からなり,地すべりの多発地帯。豪雪地帯でもある。南東部は直峰松之山大池県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひがしくびき‐きゅうりょう〔‐キウリヨウ〕【東頸城丘陵】
新潟県南部、高田平野の東側に広がる丘陵。標高は約300~1000メートル。西に西頸城丘陵が続く。豪雪地帯。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひがしくびききゅうりょう【東頸城丘陵】
新潟県南西部,高田平野と信濃川縦谷帯とにはさまれた丘陵。おもに新第三系の砂岩およびケツ岩からなり,北北西に緩斜面を向ける傾動地塊である。全国でも有数の地すべり地域であり,耕地や集落の多くが地すべり面に位置しているため,大きな災害を引き起こすことがある。また県内でも豪雪地として知られ,過疎化に悩む町村が多い。【中俣 均】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

東頸城丘陵
ひがしくびききゅうりょう
新潟県南西部、長野県境にある第三紀丘陵。東部県境の火山地域を最高部として、南南西―北北東に緩斜面を向ける傾動地塊山地で、山体は第三紀中新世の寺泊(てらどまり)層、椎谷(しいや)層の頁(けつ)岩と砂岩からなり、本県の代表的地すべり地帯である。前面は米山(よねやま)山地に阻まれ、傾動地塊崖端(がいたん)を保倉(ほくら)川が横断し、傾斜面は梨棚(なしだな)式支谷が刻まれ、模式的な僻村(へきそん)が分布する。生活舞台は地すべり面の棚田で、例年3メートルを超す豪雪に悩まされ、冬季は出稼ぎに依存する陸の孤島となり、過疎化が進んだ。北越(ほくえつ)急行ほくほく線、保倉川に沿う国道253号、353号、403号、405号が通じる。近年は、上越(じょうえつ)市中心街への就労に伴い兼業農家が増え、園芸や酪農などとの多角経営農業や観光業にも転換している。傾斜面の高原は直峰松之山(なおみねまつのやま)大池県立自然公園に指定されている。[山崎久雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東頸城丘陵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東頸城丘陵の関連情報

他サービスで検索

「東頸城丘陵」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.