Rakuten infoseek

辞書

東西東西【トウザイトウザイ】

デジタル大辞泉

とうざい‐とうざい【東西東西】
[感]《もと相撲で、東から西までおしずまりなさい、という意で言い始めたという》興行物などで口上を述べるときに、また、ざわめきをしずめるときなどに言う語。東西。とざいとうざい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

とうざいとうざい【東西東西】
興行物などで見物人をしずめたり、口上を述べるに先立って注意をひいたりするときに用いる言葉。東西。とざいとうざい。 -、今日ご覧にいれまするは 相撲から出た語という

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうざい‐とうざい【東西東西】
〘感動〙
① 主として大勢のさわがしい中に立ち入ってそれを静めるときにいう。静かにしろ。静粛に。東西。
※評判記・難波の㒵は伊勢の白粉(1683頃)二「東西東西(トウザイトウザイ)いづれも御しんべうにござりませ」
② 特に、芝居や相撲などで、見物人を静めたり、口上を述べたりするときにいうきまり文句。東西。とざいとうざい。
※俳諧・大坂独吟集(1675)上「奥山に扨も狸のはらつづみ 東西東西さるさけぶ声〈幾音〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東西東西」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東西東西の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.