Rakuten infoseek

辞書

東照宮【とうしょうぐう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東照宮
とうしょうぐう
東照大権現の神号を得た徳川家康をまつる神社。全国各地に所在し,そのうち栃木県日光市の日光東照宮が特に有名で,元別格官幣社。元和2 (1616) 年に没した家康遺体はいったん駿河国の久能山に葬られたが,遺言により元和3 (1617) 年下野国日光山葬された。その後,寛永 11 (1634) ~13年に将軍徳川家光社殿の大々的な改築を行ない,現在の日光東照宮ができた。すべて漆塗りで極彩色が施され,当代建築装飾が集約されている。社殿の形式は権現造の典型的なもので,最もよく知られている陽明門をはじめ5件8棟が国宝指定されている。 1999年には近隣二荒山神社輪王寺とともに世界遺産の文化遺産に登録。なお東照宮は初め東照社と称し,正保2 (1645) 年東照宮号朝廷から授けられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とうしょう‐ぐう〔トウセウ‐〕【東照宮】
徳川家康を祭る神社。初めは東照社と称された。家康は初め久能山に葬られたが、日光に社殿が営まれ東照大権現として奉斎。正保2年(1645)宮号を授けられると、全国の社も東照宮と改称した。
栃木県日光市にある神社。祭神は徳川家康主神とし、源頼朝豊臣秀吉配祀(はいし)。元和3年(1617)に駿河の久能山より家康の霊を遷して祭ったのに始まる。本殿・拝殿・唐門・陽明門などは国宝。平成11年(1999)「日光の社寺」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうしょうぐう【東照宮】
徳川家康をまつる神社。1616年(元和2)家康が駿府で没すると,遺言に基づきいったん駿河久能山に葬り,翌年下野日光山に遷葬,朝廷から東照大権現の神号が授けられた(日光東照宮)。久能山東照社は17年12月社殿を造替,幕府は神領3000石を寄進した。家康死去の年に外孫松平忠明が大坂天満の川崎に,外様大名有馬豊氏が筑後善導寺に,東照社をまつった。秀忠は18年江戸城紅葉山に内廟として東照社を勧請し,藤堂高虎は府内士庶参詣の便に上野忍ヶ岡に小祠を建て勧請したが,寛永寺創建にともない幕府は27年(寛永4)これを造替した(上野東照宮)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうしょうぐう【東照宮】
徳川家康をまつった神社。初め駿河の久能山に葬られたが、1617年朝廷から東照大権現の神号を与えられ、日光山に改葬されることになり、東照宮が造営された。諸大名も領内に建立したので、全国各地に同名の神社がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

東照宮
とうしょうぐう
徳川家康を祀(まつ)る神社。徳川家康は1616年(元和2)駿府(すんぷ)城(静岡市)で亡くなり、久能(くのう)山に葬られたが、翌年遺言のとおり、日光に社殿を建て神として奉斎、後水尾(ごみずのお)天皇より東照大権現(だいごんげん)の称号が奉られ、正一位を贈られた。1645年(正保2)その社が東照宮と称されたが、それとともに全国の城下町などに勧請(かんじょう)して祀られた社も、東照宮と称された例が多く、約百数十社が存する。[鎌田純一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

東照宮
(宮城県仙台市)
ふるさとみやぎ文化百選 建造物とまちなみ編」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

東照宮
(栃木県日光市山内2301)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうしょう‐ぐう トウセウ‥【東照宮】
[一] 栃木県日光市山内にある神社。旧別格官幣社。徳川家康のほかに豊臣秀吉、源頼朝をまつる。元和三年(一六一七)創立。元和二年に死去した徳川家康は駿河国(静岡県)の久能山に葬られたが、翌年東照大権現の神号をおくられ、ここに改葬された。本殿・拝殿・唐門・陽明門など八棟の建物および太刀二振は国宝。日光東照宮。
[三] 北海道函館市宝来町にある神社。旧県社。徳川家康をまつる。蝦夷(えぞ)三官寺の一つ、日高様似の等澍院に勧請(かんじょう)していた東照大権現を、元治元年(一八六四)五稜郭東北の地に遷座。明治一一年(一八七八)現在地に移す。
[四] 茨城県水戸市宮町にある神社。旧県社。徳川家康・頼房をまつる。元和七年(一六二一)徳川頼房が創建。水戸東照宮。権現さん。
[五] 群馬県前橋市大手町にある神社。旧県社。徳川家康ほかをまつる。寛永年間(一六二四‐四四)藩祖松平直基が越前国(福井県)勝山城主のときに創祀。以後転封ごとに遷祀、現在地には明治四年(一八七一)遷宮。前橋東照宮。
[六] 名古屋市中区丸の内にある神社。旧県社。徳川家康・義直・慶勝をまつる。元和五年(一六一九)徳川義直が城内三の丸に創建。明治八年(一八七五)現在地に遷宮。
[七] 和歌山市和歌浦にある神社。旧県社。徳川家康・頼宣をまつる。元和七年(一六二一)徳川頼宣の創立。初名東照大権現、正保二年(一六四五)現名に改称。俗に「紀州の日光」と称される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東照宮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東照宮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.