Rakuten infoseek

辞書

東海道五十三次【とうかいどうごじゅうさんつぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東海道五十三次
とうかいどうごじゅうさんつぎ
江戸時代,東海道筋に設けられた 53の宿場江戸日本橋から京都三条までの宿場は品川,川崎,神奈川,保土ヶ谷,戸塚,藤沢平塚大磯小田原,箱根,三島沼津吉原蒲原 (かんばら) ,由比 (ゆい) ,興津江尻府中鞠子 (まりこ) ,岡部藤枝島田金谷日坂 (にっさか) ,掛川袋井見付浜松舞坂新居白須賀二川吉田御油 (ごゆ) ,赤坂藤川岡崎池鯉鮒 (ちりふ) ,鳴海,宮 (熱田) ,桑名四日市石薬師庄野亀山,坂ノ下,土山水口石部草津大津である。さらに,熱田と桑名間には海上を避けて通る佐屋路の岩塚,万場,神守,佐屋の4宿があり,見付から気賀,三ヶ日,嵩山 (すせ) を通過して御油に出る本坂道 (ほんざかみち。姫街道 ) もあった。なお京都-大坂間の伏見,淀,枚方 (ひらかた) ,守口の4宿はその延長とみなされる。またこの道中風景は安藤広重の版画『東海道五拾三次』によって今日よく知られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とうかいどう‐ごじゅうさんつぎ〔トウカイダウゴジフサンつぎ〕【東海道五十三次】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

東海道五十三次
▽品川、川崎、神奈川、保土ケ谷、戸塚、藤沢、平塚、大磯、小田原、箱根、三島、沼津、原、吉原、蒲原、由比、興津、江尻、府中、丸子、岡部、藤枝、島田、金谷、日坂、掛川、袋井、見付、浜松、舞坂、新居、白須賀、二川、吉田、御油、赤坂、藤川、岡崎、池鯉鮒、鳴海、宮、桑名、四日市、石薬師、庄野、亀山、関、坂之下、土山、水口、石部、草津、大津

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

とうかいどうごじゅうさんつぎ【東海道五十三次】
東海道の53の宿場を描いた絵画。浮世絵作品としては1690年(元禄3)の菱川師宣《東海道分間之図》が最も古い。これを一宿一図として描いたのは葛飾北斎が始めで,1804年(文化1)版の《東海道》以下4作品がある。しかしそれらは道中風俗図で人物本位となっており,風景版画として本格的にこれに取り組んだのは歌川(安藤)広重である。彼の作品中いちばん初めに制作された1833‐34年(天保4‐5)の《東海道五拾三次之内》が最も有名かつ優秀な作品といえる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうかいどうごじゅうさんつぎ【東海道五十三次】
江戸時代、江戸日本橋から京都三条大橋に至る東海道に置かれた五十三の宿場。1601年(慶長6)制定。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

東海道五十三次
とうかいどうごじゅうさんつぎ
江戸―京都間の宿駅を描いた絵画作品で、浮世絵にその例がきわめて多く、その歴史も古い。現在確認されるものとしては、江戸初期の寛永(かんえい)年間(1624~1644)ごろに初期肉筆浮世絵としてたびたび描かれたのがもっとも古い例とされる。中期になると、1690年(元禄3)刊行の菱川師宣(ひしかわもろのぶ)『東海道分間絵図』5帖(じょう)があり、街道の宿場や名所などが詳細に描かれた鳥瞰(ちょうかん)図で、外題が示すように実際に旅行のおりに使用されたものとみられる。江戸も後半期に入ると、東海道の往来は一段と盛んとなり、各地の名所図会が刊行された。1797年(寛政9)には『東海道名所図会』も版行され、一般庶民間での旅への関心の高まりとともに、浮世絵にも数多くの東海道のシリーズが出版されるようになった。この時期、もっとも早く東海道に注目して作品を発表したのは葛飾北斎(かつしかほくさい)で、享和(きょうわ)年間(1801~1804)から文化(ぶんか)年間(1804~1818)初期にかけて6種ものシリーズで各宿場の往来や旅人の風俗などを描いた。北斎には、ほかに1818年(文政1)に大々判(おおおおばん)の『東海道名所一覧』という鳥瞰図もある。
 北斎ののち、東海道の絵師としてもっともよく知られるのは歌川広重(ひろしげ)で、彼もまた生涯に約40種のシリーズを描いた。出世作となったのは保永(ほうえい)堂と僊鶴(せんかく)堂によって出版された『東海道五拾三次』全55枚(1834~1835刊。俗に保永堂版とよばれる)で、1832年(天保3)幕府の八朔御馬献上(はっさくおうまけんじょう)の行列に加わり、京に上ったおりの実際のスケッチを基に作画したと伝えられる。広重の特色は、『東海道五十三次之内』(行書東海道)、『東海道』(隷書(れいしょ)東海道)などを含めて、従来の絵師とは異なり、各街道の景観に主眼が置かれていることであろう。
 その大流行により、以降、東海道は幕末から明治にかけて多くの絵師によってさまざまな角度から描かれ、浮世絵における重要な題材の一つとなり、浮世絵に風景画のジャンルを完成させることとなった。東海道を描いた多くの絵師のなかで特色あるシリーズを残した絵師としては、渓斎英泉(けいさいえいせん)、2世広重、3世歌川豊国(とよくに)、歌川国芳(くによし)、歌川芳虎(よしとら)、豊原国周(とよはらくにちか)などがあげられ、こうした旺盛(おうせい)な制作は明治初年ごろまで続いている。[永田生慈]
『歌川広重絵、吉田漱解説『浮世絵大系14 東海道五拾三次』(1975・集英社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

東海道五十三次
江戸日本橋から京都三条大橋までにおかれた53の宿駅の総称。徳川家康が宿駅を整備し、箱根・新居に関所を設けるなどして1601(慶長6)年に制定した。
[観光資源] 品川 | 川崎 | 神奈川 | 程ケ谷(保土ケ谷) | 戸塚 | 藤沢 | 平塚 | 大磯 | 小田原 | 箱根 | 三島 | 沼津 | | 吉原 | 蒲原 | 由比 | 興津 | 江尻 | 府中 | 鞠子 | 岡部 | 藤枝 | 島田 | 金谷 | 日坂 | 掛川 | 袋井 | 見附 | 浜松 | 舞坂 | 新居 | 白須賀 | 二川 | 吉田 | 御油 | 赤坂 | 藤川 | 岡崎 | 池鯉鮒 | 鳴海 | | 桑名 | 四日市 | 石薬師 | 庄野 | 亀山 | | 坂下 | 土山 | 水口 | 石部 | 草津 | 大津

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうかいどう‐ごじゅうさんつぎ ‥ダウゴジフサンつぎ【東海道五十三次】
[1] 江戸時代、東海道に置かれた五三の宿駅。慶長六年(一六〇一)制定。江戸日本橋から京都三条大橋までの間に、品川・川崎・神奈川・程ケ谷・戸塚・藤沢・平塚・大磯・小田原・箱根・三島・沼津・原・吉原・蒲原・由井・興津・江尻・府中・鞠子・岡部・藤枝・嶋田・金谷・日坂・掛川・袋井・見付・浜松・舞坂・荒井・白須賀・二川・吉田・御油・赤坂・藤川・岡崎・池鯉鮒・鳴海・宮・桑名・四日市・石薬師・庄野・亀山・関・坂之下・土山・水口・石部・草津・大津を置いた。全長一二五里二〇町(約五〇〇キロメートル)、途中、松の木を両側に植え、一里塚が置かれた。五十三次。
[2] 〘名〙 (「次(つぎ)」を布地の破れの「つぎ」にかけて) つぎの多くあたった衣服。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東海道五十三次」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東海道五十三次の関連情報

他サービスで検索

「東海道五十三次」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.