Rakuten infoseek

辞書

東海道中膝栗毛【とうかいどうちゅうひざくりげ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東海道中膝栗毛
とうかいどうちゅうひざくりげ
滑稽本十返舎一九作。享和2 (1802) ~文政5 (22) 年刊。別称『浮世道中膝栗毛』『道中膝栗毛』。正編は9編 18冊,続編は 12編 25冊。江戸神田八丁堀の住人弥次郎兵衛と喜多八が,日本橋から箱根まで出かけた話が正編の初編。好評だったので道中を延長して,東海道を上り,伊勢参宮から京都を経て大坂まででいったん道中が終り,2人の素性を述べる「発端」が出て正編は完結。次いで大坂から四国へ渡り,金毘羅参詣,さらに本州に戻って宮島見物,帰途木曾街道を経て善光寺から草津をめぐり,江戸へ帰るまでの続編が出た。続々編も出たが作者病没のため2編で中絶。滑稽の素材は狂言や浮世草子など先行文学によるものが多いが,方言や地方風俗の描写の精密さによって滑稽を誇張。以後の滑稽本の指標となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とうかいどうちゅうひざくりげ〔トウカイダウチユウひざくりげ〕【東海道中膝栗毛】
滑稽本。8編18冊。十返舎一九作。享和2~文化6年(1802~1809)刊。江戸八丁堀の弥次郎兵衛と喜多八が、失敗を演じながら旅をする、江戸から京坂までの道中記。好評を博し、20年にわたって続編を出した。道中膝栗毛。膝栗毛。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうかいどうちゅうひざくりげ【東海道中膝栗毛】
滑稽本。十返舎一九作。初編は栄水画,他は自画。1802‐09年(享和2‐文化6)刊。8編17冊。初編・後編は《浮世道中膝栗毛》と外題し,3編より《東海道中膝栗毛》。江戸神田八丁堀の住人栃面屋(とちめんや)弥次郎兵衛と喜多八が東海道を西へ旅をし,伊勢参宮をして大坂から京都にたどりつくという旅行記の形式の滑稽文学である。その間主人公の2人は,狂歌をよみ,洒落・地口をもてあそび,いたずらの限りを尽くして旅を続ける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうかいどうちゅうひざくりげ【東海道中膝栗毛】
滑稽本。八編一八冊。十返舎一九作。1802~14年刊。弥次郎兵衛と喜多八が失敗を繰り返しながら東海道・京都・大坂を旅する滑稽談。各地の名所・風俗なども紹介し、好評を博して続編を20年にわたり書き続けた。道中膝栗毛。膝栗毛。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

東海道中膝栗毛
とうかいどうちゅうひざくりげ
十返舎一九(じっぺんしゃいっく)作の滑稽本(こっけいぼん)。八編18冊。挿絵は一九自画。1802~09年(享和2~文化6)刊。書名は初編が「浮世道中膝栗毛」、二編が「道中膝栗毛」、三編より「東海道中膝栗毛」。十返舎一九の代表作であり、滑稽本の代表作でもある。
 駿河(するが)府中の生まれで、江戸・神田(かんだ)八丁堀に住む栃面屋弥次郎兵衛(とちめんややじろべえ)が、居候の喜多八(きたはち)を連れて江戸を出発し、東海道を西に、伊勢(いせ)参宮にと旅立ち、京見物から大坂に至るまでの道中記形式の文学である。弥次郎兵衛・喜多八の2人の関係は、狂言のシテ・アドにあたり、仮名草子(かなぞうし)の『竹斎(ちくさい)』や『東海道名所記』などの道中記文学のスタイルを襲ったものである。2人の道中の愚行・失敗は、江戸出発より大坂に至るまで連鎖的に続けられるが、それらは洒落(しゃれ)本以来の写実的な描写と、狂言・噺本(はなしぼん)・浮世草子その他、先行文芸のあらゆる笑いの要素を作者が取り入れたことで、現実感と滑稽とを確保して、「切落(きりおとし)向を専(もっぱら)として」(四編序)というように、切落=大衆相手の読み物として、意識的に読者の好尚に適応させようとしている。当然その笑いは、曲亭馬琴(きょくていばきん)が「只(ただ)村農野嬢(やじょう)の解し易(やす)くて笑ひを催すを歓(よろこ)ぶのみならず、大人君子も膝栗毛のごときは看(みる)者に害なし」(近世物之本江戸作者部類)と評したように、風刺の毒をまったく含まない、文字どおりの哄笑(こうしょう)である。大衆に歓迎された理由であるが、弥次郎兵衛・喜多八の愚行・失敗が、旅に出ることによって地域社会のさまざまなルールや制約から解放されたいと願う庶民の心情を典型的に描いてみせたことも見逃せない。一九は『続膝栗毛』として、金毘羅参詣(こんぴらさんけい)、宮嶋(みやじま)参詣、岐蘇(きそ)街道、善光寺道中、草津温泉道中などに弥次・喜多の滑稽を描いて、完結したのは1822年(文政5)である。21年間出版され続けたわけで、刊行中から模倣作が相次ぎ、仮名垣魯文(かながきろぶん)の『西洋道中膝栗毛』(1870)にまで及び、現代でも題名やパロディーその他に、「膝栗毛」の名を利用する作品は多い。[神保五彌]
『中村幸彦校注『日本古典文学全集49 東海道中膝栗毛』(1975・小学館) ▽松田修著『東海道中膝栗毛』(1973・淡交社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうかいどうちゅうひざくりげ ‥ダウチュウひざくりげ【東海道中膝栗毛】
滑稽本。初編~八編まで一八冊。十返舎一九作。北川式麿ほか画。享和二~文化六年(一八〇二‐〇九)刊。彌次郎兵衛、喜多八の江戸から京坂への旅行記。ナンセンスな笑いを基調として言語・風俗などを精細に叙述し、好評を博した。続編も次々に出されて文政五年(一八二二)まで続き、一九の代表作となる。「浮世道中膝栗毛」とも。→膝栗毛

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東海道中膝栗毛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東海道中膝栗毛の関連情報

関連キーワード

グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスクベートーベン尚温王十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫ドニエプロペトロフスクレ・バン・ズエト青木夙夜

他サービスで検索

「東海道中膝栗毛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.