Rakuten infoseek

辞書

東横堀川【ひがしよこぼりがわ】

世界大百科事典 第2版

ひがしよこぼりがわ【東横堀川】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

東横堀川
ひがしよこぼりがわ
大阪市の中央区を南北に通じている運河。北は淀(よど)川の分流土佐堀川から南は道頓堀(どうとんぼり)まで約2200メートル。1585年(天正13)豊臣(とよとみ)秀吉が大坂城築城の際、外堀として開削した。当初、新堀とよんだが、西横堀、長堀、南堀が開削され、船場(せんば)、島之内(しまのうち)の町屋形成に伴い東横堀と称するようになった。水運により商都の発展に貢献した。現在、運河上には阪神高速道路が走る。[樋口節夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東横堀川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東横堀川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.