Rakuten infoseek

辞書

東旭斎【あずま きょくさい】

美術人名辞典

東旭斎
幕末・明治俳人下総生。幼名は彦太郎、字は思敬、別号に声画庵・無耳坊・旭翁・胤孝。高柳丁知・大江由誓門。明治30年(1897)歿、77才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

東旭斎 あずま-きょくさい
1822-1897 江戸後期-明治時代の俳人。
文政5年生まれ。江戸の大江由誓の門人松尾芭蕉(ばしょう)の足跡をたどって,奥羽,北陸,畿内,東海道と吟遊の旅をかさねた。門人に高岡逸叟(いっそう)。明治30年7月5日死去。76歳。下総(しもうさ)佐原(千葉県)出身。名は胤考。字(あざな)は思敬。通称は善太佐衛門。別号に声画庵,無耳坊。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

東旭斎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東旭斎の関連情報

他サービスで検索

「東旭斎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.