Rakuten infoseek

辞書

東常縁【とうつねより】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東常縁
とうつねより
[生]応永8(1401)
[没]文明16(1484)頃
室町時代の武将,歌人,古典学者。父は益之 (素明) 。明応3 (1494) 年没ともいう。下野守となり,東野州と号した。法名,素伝。頓阿の曾孫堯孝に入門,二条家の歌学を身につけた。家集『常縁集』『東常縁詠草』がある。『東野州聞書』は宝徳1 (49) 年から康正2 (56) 年まで,年次を追って和歌に関する口伝の類を記録した歌学書。そのほか『新古今和歌集聞書』『拾遺愚草抄出聞書』『常縁口伝和歌』などの注釈書がある。また『伊勢物語』『徒然草』など多くの古典を書写,校合し,門弟宗祇古今伝授を行なった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう‐つねより【東常縁】
[1401~1484ころ]室町中期の歌人美濃国郡上(ぐじょう)領主東野州(やしゅう)と称した。法名、素伝。尭孝正徹に歌を学ぶ。古今集奥義をきわめ、弟子宗祇に伝えたのが古今伝授の初めとされる。東野州聞書」「野州家集」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐の‐つねより【東常縁】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

東常縁 とう-つねより
1401-? 室町時代の武将,歌人。
応永8年生まれ。東之(ますゆき)の子。兄の東氏数(うじかず)の養子となり,美濃(みの)(岐阜県)篠脇城主。二条派の尭孝(ぎょうこう)らに歌学をまなぶ。文明3年宗祇(そうぎ)に「古今和歌集」に関する秘事口伝(古今伝授の始まり)。文明16年(1484)ごろ84歳で死去とも,明応3年(1494)4月18日94歳で死去ともいう。通称は東野州。法名は素伝。著作に「東野州聞書」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とうのつねより【東常縁】
1401?‐84ころ(応永8?‐文明16ころ)
室町中期の武将,歌人,歌学者。本姓は平。別称は東野州(とうやしゆう)。法号は素伝。美濃国(岐阜県)の人。代々二条派の歌人であった東家に伝わる歌学を学び,さらに頓阿の流れをくむ尭孝法印に師事して,当時の二条派歌学を集成した。1471年に連歌師宗祇に《古今和歌集》を講釈し,秘説を相伝した。いわゆる古今伝授であり,宗祇が講釈の聞書を整理したのが《古今和歌集両度聞書》である。そのほか,《新古今和歌集》の注釈が細川幽斎により加筆され《新古今和歌集新鈔》となるなど,その説は二条派の注釈書に継承された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうつねより【東常縁】
1401~1494 室町中期の歌人・武将。東野州とも称する。和歌を尭孝・正徹に学ぶ。古今集を究め、これを門人宗祇に講じたのが「古今伝授」の初めとされる。歌学書に「東野州聞書」がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

東常縁
とうつねより
生没年未詳。室町前期の武家歌人。通説は「1401―94年」だが、実際の没年は1484年(文明16)ごろ。享年も疑問があり不明というほかはない。法名素伝。従(じゅ)五位下下野守(しもつけのかみ)。東野州(とうやしゅう)と称せられた。益之(ますゆき)の子。美濃(みの)国郡上(ぐじょう)の領主。1449年(宝徳1)から二条派の堯孝(ぎょうこう)、冷泉(れいぜい)派の正徹(しょうてつ)に歌を学び、翌年正式に堯孝に入門。このころの歌話を書き留めたのが『東野州聞書』。のち幕府の命で東国に転戦、晩年は美濃に帰った。篤学で古典に詳しく、71年宗祇(そうぎ)に『古今集』、百人一首などを講じた。『古今集』の秘説を切紙(きりがみ)に記して伝えたが、これが古今伝授(こきんでんじゅ)の初めとして後世重視された。ただし、当時の歌壇で大物と目されてはいず、その死後、宗祇が己(おのれ)の権威づけのため宣伝して、著名になったとみられる。なお『伊勢(いせ)物語』『新古今集』や『拾遺愚草(しゅういぐそう)』などの講説も存する。家集に『東野州家集』がある。[井上宗雄]
『井上宗雄著『中世歌壇史の研究 室町前期』(1961・風間書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐つねより【東常縁】
室町中期の武将、歌人。美濃国(岐阜県)郡上の領主。本姓平。別称東野州。出家して法号素伝。二条派の流れをくみ、堯孝門人。宗祇に「古今和歌集」解釈の秘説を伝授。これより「古今伝授」が始まったという。著作に「東野州聞書」「新古今和歌集聞書」などがある。応永八~文明一六年頃(一四〇一‐八四頃

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

東常縁
とうのつねより
1401〜94?
室町中期の武将・歌人。古今伝授の創始者といわれる
名は「じょうえん」とも読む。東国の武門の名家千葉氏支流の出で,和歌は正徹に師事し,のち二条家流の堯孝の門に入る。古今伝授の形式を定式化して宗祇 (そうぎ) に伝えた。著書に『常縁集』『東野州書』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東常縁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東常縁の関連情報

関連キーワード

康富記ウワディスワフ2世ヤギェウォビタウタス勘合貿易遣明船(年表)苫小牧沖のフェリー火災クザーヌス遣明使称光天皇ニコラウスクサヌス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.