Rakuten infoseek

辞書

東市・西市【ひがしのいちにしのいち】

世界大百科事典 第2版

ひがしのいちにしのいち【東市・西市】
日本古代の都城に付設された官市。その存在が確認される初めは藤原京の場合で,宮の北面中門から出土した木簡に糸90斤を沽却(売却)する〈市〉のことがみえる。また《続日本紀》慶雲2年(705)6月乙亥条にも〈市廛〉や〈南門〉のことがみえる。しかしこの〈市〉が東西にわかれていたかかは明らかでない。ついで平城京長岡京平安京には東西2市が置かれ,東市司・西市司(市司いちのつかさ))によって管轄されていた(図)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

東市・西市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東市・西市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.