Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

東山道【とうさんどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東山道
とうさんどう
律令時代の五畿七道の一つ。大宝1 (701) 年近江美濃飛騨信濃上野武蔵下野の7ヵ国の国府を連ねる街道定め東山道と称し,街道筋の国域を含めた行政区分にも利用。のち陸奥出羽の2国を加え,武蔵を東海道に移して8ヵ国とした。古くは山道とも称し畿内東国を結ぶ中央道。宿駅の整備が進み,各駅には馬 10頭を常備して公用に利用。中世以降は東海道の裏街道的存在となった。近世の中山道にあたる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

東山道
中央集権国家となった日本が国の支配体制を全国に及ぼすため、全国に東海、東山、北陸山陰山陽南海西海七つの道を整備した。東山道武蔵路は上野国府(群馬県)、下野国府(栃木県)から分岐し、武蔵国府を結ぶ道だった。
(2010-05-28 朝日新聞 朝刊 多摩 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

とうさん‐どう〔‐ダウ〕【東山道】
五畿七道の一。東海道北陸道に挟まれた地帯で、現在の、中部関東東北山地を中心とする地域。近江(おうみ)美濃飛騨信濃上野(こうずけ)下野(しもつけ)出羽陸奥(むつ)の8か国。明治元年(1868)陸奥・出羽が7か国に分かれ、13か国になった。また、これらの国々を結ぶ街道のことをもいう。とうせんどう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうさんどう【東山道】
古代の地方行政区画の七道(五畿七道)の一つ。本州の中央から東北にわたる地域。《西宮記》では〈ヤマノミチ〉〈東ノミチ〉などと読んでいる。《日本書紀》崇峻紀にみえる東山道は後の追記。ただ672年(天武1)の壬申の乱の記事に東山軍の名がみえ,685年に東山使者として石川虫名派遣がみえるので,東山道の成立を天武朝末年とみることができよう。《延喜式》では近江,美濃,飛驒,信濃,上野,下野,陸奥,出羽の8国が所属するが,所属国はたびたび変遷を示した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうさんどう【東山道】
律令制における七道の一。近江・美濃・飛驒・信濃・上野・下野・陸奥・出羽の八国よりなる。およびそれらを連ねる幹線道路をいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうさん‐どう ‥ダウ【東山道】
[一] 令制の広域行政区画。畿内(五畿)の外を七道に分けたものの一つ。近江・美濃・飛騨・信濃・上野・下野・陸奥・出羽の八か国。はじめ定制がなく大宝元年(七〇一)に至って近江・美濃・飛騨・信濃・上野・武蔵・下野とされ、のち陸奥・出羽を加え、宝亀二年(七七一)武蔵を東海道に移して八か国が固定した。とうせんどう。
※続日本紀‐宝亀二年(771)一〇月己卯「武蔵野国〈略〉改東山道、属東海道
[二] 古代以来、畿内より東国へ達する幹線道路。東海道が海の道であるのに対し山の道と称される。近江草津で東海道と分かれ、木曾谷をさかのぼって塩尻に至り、浅間山麓を越えて碓氷(うすい)峠を下って武蔵国に至る。中世以来、中仙道とよばれ、近世五街道の一つとなる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

東山道
とうさんどう
律令制下,五畿七道の一つ
現在の中部・関東・東北の山地一帯の地方で,近江・美濃 (みの) ・飛驒・信濃・上野 (こうずけ) ・下野 (しもつけ) ・陸奥 (むつ) (明治初期に磐城 (いわき) ・岩代陸前陸中・陸奥に分かれた)・出羽(明治初期に羽前・羽後に分かれた)の8カ国(明治以後13カ国)。武蔵は初め東山道に属したが,771年以降東海道に属した。のちこの地を通る街道をさすようになった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東山道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東山道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.