Rakuten infoseek

辞書

東屋 三郎【アズマヤ サブロウ】

20世紀日本人名事典

東屋 三郎
アズマヤ サブロウ

大正・昭和期の俳優



生年
明治25(1892)年5月15日

没年
昭和10(1935)年7月3日

出生地
東京市神田区駿河台(現・東京都千代田区)

本名
油屋 三三郎

学歴〔年〕
慶応義塾大学法科〔大正7年〕卒

経歴
父は政治家光明寺三郎、母は柳橋芸者お六だが、実父は光明寺の親友・西園寺公望という異説もある。明治26年父の死後、西園寺家で養育された。大正6年踏路社結成に参加、「画家とその弟子」で新劇俳優としてデビュー。のち第二次舞台協会に参加し、12年映画「三つの魂」「毒塵」に主演。13年築地小劇場に加わり、昭和3年6幕の大作「空気饅頭」で主役を演じた。同年小山内薫の死後築地小劇場を脱退。5年劇団新東京、7年築地座結成に参加、舞台活動の傍ら、10年P・C・Lの「三色旗ビルディング」にも出演した。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成

東屋 三郎
アズマヤ サブロウ

職業
俳優

本名
油屋 三三郎

生年月日
明治25年 5月15日

出生地
東京市神田区駿河台(東京都 千代田区)

学歴
慶応義塾大学法科〔大正7年〕卒

経歴
父は政治家光明寺三郎、母は柳橋芸者お六だが、実父は光明寺の親友・西園寺公望という異説もある。明治26年父の死後、西園寺家で養育された。大正6年踏路社結成に参加、「画家とその弟子」で新劇俳優としてデビュー。のち第二次舞台協会に参加し、12年映画「三つの魂」「毒塵」に主演。13年築地小劇場に加わり、昭和3年6幕の大作「空気饅頭」で主役を演じた。同年小山内薫の死後築地小劇場を脱退。5年劇団新東京、7年築地座結成に参加、舞台活動の傍ら、10年P.C.L.の「三色旗ビルディング」にも出演した。

没年月日
昭和10年 7月3日 (1935年)

家族
妻=岸 輝子(女優),父=光明寺 三郎(政治家)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東屋 三郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東屋 三郎の関連情報

他サービスで検索

「東屋 三郎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.