Rakuten infoseek

辞書

東家 楽遊(2代目)【アズマヤ ラクユウ】

20世紀日本人名事典

東家 楽遊(2代目)
アズマヤ ラクユウ

明治〜昭和期の浪曲家



生年
明治14(1881)年

没年
昭和35(1960)年3月10日

出生地
東京・神田松枝町

本名
中村 幸吉

別名
前名=東家 小楽,後名=東家 悟楽斎

経歴
初代東家楽遊の門下大吉の弟子となり小楽と名乗った。楽遊は孫弟子の小楽の才を高く評価、明治末年2代目楽遊を継がせた。41年には新富座公演で3日連続満員となった。都新聞に連載された渡辺黙禅の小説「勤王美談小松嵐」を浪曲化して大ヒット、日蓄がレコード化して同社の10年間トップを続かせるドル箱となった。「塩原多助」「牡丹灯籠」「五寸釘寅吉」「海賊房次郎」「生首正太郎」などが得意の演題。晩年弟子の左楽遊に3代目を継がせた。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成

東家 楽遊(2代目)
アズマヤ ラクユウ

職業
浪曲師

本名
中村 幸吉

別名
前名=東家 小楽,後名=東家 悟楽斎

生年月日
明治14年

出生地
東京・神田松枝町

経歴
初代東家楽遊の門下大吉の弟子となり小楽と名乗った。楽遊は孫弟子の小楽の才を高く評価、明治末年2代目楽遊を継がせた。41年には新富座公演で3日連続満員となった。都新聞に連載された渡辺黙禅の小説「勤王美談小松嵐」を浪曲化して大ヒット、日蓄がレコード化して同社の10年間トップを続かせるドル箱となった。「塩原多助」「牡丹灯籠」「五寸釘寅吉」「海賊房次郎」「生首正太郎」などが得意の演題。晩年弟子の左楽遊に3代目を継がせた。

没年月日
昭和35年 3月10日 (1960年)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

東家 楽遊(2代目) (あずまや らくゆう)
生年月日:1881年6月3日
明治時代-昭和時代の浪曲師
1960年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東家 楽遊(2代目)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東家 楽遊(2代目)の関連情報

他サービスで検索

「東家 楽遊(2代目)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.