Rakuten infoseek

辞書

東家 楽遊(初代)【アズマヤ ラクユウ】

新撰 芸能人物事典 明治~平成

東家 楽遊(初代)
アズマヤ ラクユウ

職業
浪曲師

本名
岡部 運太郎

生年月日
安政6年 10月10日

出生地
武蔵国 男衾郡小原(埼玉県 熊谷市)

経歴
生家は三峰山青物御用達を務めたといわれる。芸事を好んで各地を渡り歩き、上州で吉川花丸の一座に加わり、さらに初代東家三楽に入門して楽遊を名乗った。明治中期に東京へ出て以降、東家宗家として関東の浪曲界に重きをなした。明治39年東家三叟を、晩年は悟楽斎三叟を名乗った。淡々とした語り口で、「水戸黄門記」「塩原孝子伝」などを読んだ。

没年月日
大正14年 11月9日 (1925年)

家族
長男=東家 楽燕(浪曲師)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東家 楽遊(初代)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東家 楽遊(初代)の関連情報

他サービスで検索

「東家 楽遊(初代)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.