Rakuten infoseek

辞書

東家 楽燕【アズマヤ ラクエン】

20世紀日本人名事典

東家 楽燕
アズマヤ ラクエン

明治〜昭和期の浪曲師



生年
明治20(1887)年2月3日

没年
昭和25(1950)年3月9日

出生地
東京

本名
岡部 六弥

別名
前名=桃中軒 雲太夫

学歴〔年〕
海城中学卒

経歴
初代東家楽遊の長男。一時、桃中軒雲右衛門の門下となり、雲太夫を名乗ったが、東家に戻った。楽燕として父の関東節を関西節に変え、“楽燕の泣き節”といわれる独得の節で人気を得た。浪曲の近代化を図り、昭和9年に浪曲学校を設立。十八番は「義士銘名伝」だが、新物の軍事浪曲召集令」「乃木将軍伝」「木村・徳田両中尉」などに新境地を開いた。22年11月浅草松竹座で引退興行中に倒れた。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成

東家 楽燕
アズマヤ ラクエン

職業
浪曲師

本名
岡部 六弥

別名
前名=桃中軒 雲太夫

生年月日
明治20年 2月3日

出生地
東京都

学歴
海城中卒

経歴
初代東家楽遊の長男。一時、桃中軒雲右衛門の門下となり、雲太夫を名乗ったが、東家に戻った。楽燕として父の関東節を関西節に変え、“楽燕の泣き節”といわれる独得の節で人気を得た。浪曲の近代化を図り、昭和9年に浪曲学校を設立。十八番は「義士銘名伝」だが、新物の軍事浪曲「召集令」「乃木将軍伝」「木村・徳田両中尉」などに新境地を開いた。22年11月浅草松竹座で引退興行中に倒れた。

没年月日
昭和25年 3月9日 (1950年)

家族
父=東家 楽遊(初代)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

東家 楽燕 (あずまや らくえん)
生年月日:1887年2月3日
明治時代-昭和時代の浪曲師
1950年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東家 楽燕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東家 楽燕の関連情報

他サービスで検索

「東家 楽燕」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.