Rakuten infoseek

辞書

東国【あずまのくに】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東国
あずまのくに
「吾嬬」「吾妻」「我姫」「阿豆麻」とも書く。日本武尊東征の際,亡くなったオトタチバナヒメを偲んで碓日 (うすい) の嶺より東南を見おろし,「あがつま/はや」と言ったという「記紀」の伝説から生れたという。理的界は一定しない。信濃,遠江以東をさす場合もあり,足柄山碓氷峠の東をさす場合もあるが,一般には後者で,奈良時代の初め頃から関東地方をさすようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東国
とうごく
東国」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう‐ごく【東国】
東の国。東方にある国。
近畿地方から見て東の地方。古くは北陸を除いた近畿以東の諸国。のちには箱根足柄碓氷以東の諸国。関東。あずま。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうごく【東国】
フォッサマグナを境とする日本列島の東半部と西半部とは,植生などの自然条件に大きな差異があり,旧石器時代からすでに文化の違いがみられた。縄文時代,それはさらに鮮明になり,狩猟,漁労,採集の条件に恵まれた東日本には成熟した採集・漁労民の社会が形成されるが,西日本には朝鮮半島南東部ともかかわりをもつ漁労民の文化など,人口は東日本に及ばないながら独自な文化を保持したといわれる。そして縄文晩期,西北九州に稲作の技術が伝播したのを契機に始まる弥生文化が西日本に急速に広がったのに対し,東日本がしばらく縄文文化にとどまったことは,この差異をさらに著しいものにした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうごく【東国】
東方の国。
畿内から見て東方にある地方。
古代では北陸を除く近畿以東の諸国。
平安時代以降では箱根・足柄・碓氷以東の国。関東。あずま。
〔江戸城の東にあったことから〕 深川の遊里の別名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐ごく【東国】
[1] 〘名〙
① 東の方の国。また、東方の土地。〔国語‐呉語〕
② 畿内から見て東の地方。北陸を除いた近畿以東、あるいは箱根・足柄・碓氷(うすい)以東の諸国。また、関東八か国をさしていう。東(あずま)。関東。
※古事記(712)序「東国に虎のごとく歩きたまひき」
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「東国より都に敵ある人、報いせむと思ひて」
③ (中国の東に位置するところから) 朝鮮人が中国に対していった自国の称。
[2] (江戸城からみて東にあるところから) 江戸時代、深川(東京都江東区)の遊里をしゃれていう語。
※黄表紙・時代世話二挺皷(1788)「まさ門は王ゐをのぞみとうこくにだいりをうつし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東国の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.