Rakuten infoseek

辞書

東南アジア諸国連合【とうなんアジアしょこくれんごう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東南アジア諸国連合
とうなんアジアしょこくれんごう
Association of Southeast Asian Nations; ASEAN
東南アジア 10ヵ国の地域協力機構。1967年8月,経済成長,社会・文化の発展,政治の安定などを目的にインドネシアシンガポールタイフィリピンマレーシアの 5ヵ国によって設立された。1984年にブルネイ,1995年にベトナム,1997年にラオスミャンマー,1999年にカンボジアが加盟し,東南アジア全域を領域とする大型地域協力機構が実現した。中央事務局をインドネシアの首都ジャカルタに置く。最高意思決定機関は東南アジア諸国連合首脳会議で,東南アジア諸国連合外相会議などがある。発足当初は経済,社会,文化における加盟国相互の協力を主目的としていたが,中国,ベトナムをめぐるアジア情勢の変化に対応して 1971年にはクアラルンプール宣言(東南アジア中立化宣言)を出し,1976年の第1回首脳会議では ASEAN協和宣言の提出,東南アジア友好協力条約締結を行なうなど加盟諸国の政治的団結と中立化の動きが活発化した。ASEANを取り巻く政治や経済状況の変化に伴い域内の経済協力強化が迫られ,1993年の域内関税引き下げを経て 2010年に先行加盟 6ヵ国間の関税が撤廃された。2003年に ASEAN共同体 ACの実現を宣言,2007年には ASEAN憲章が署名された。域外との関係では,1979年に日本,アメリカ合衆国,オーストラリア,ニュージーランドおよびヨーロッパ共同体 EC(現ヨーロッパ連合 EU)を加えた拡大外相会議が開催され,その後カナダ,大韓民国(韓国),インド,中国,ロシアと順次拡大した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

東南アジア諸国連合
1967年8月8日、バンコクで設立。インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイが当初メンバーで、84年にブルネイ、95年にベトナム、97年にミャンマーとラオス、99年にカンボジアが加わり、東南アジア全域をカバーするようになった(ASEAN10)。第三世界でも例外的に成功した地域協力組織の1つ。当初掲げた目的は経済・社会分野での地域協力で、最高決定機関は外相会議(定期閣僚会議)。毎年7月前後に、主催国を替えて開催。75年以降はこれとは別に、経済担当閣僚会議が年に1、2回、開かれる。またASEANは72、73年から欧州連合(EU)及びオーストラリアとの域外対話を開始した。現在は、日本、中国、韓国とニュージーランド、カナダ、米国、ロシア、インド、パキスタンを加えた計11が「域外対話国・機関」と呼ばれ、外相会議の直後に招かれ拡大外相会議を開く。76年2月にはバリ島でASEAN首脳が初めて一堂に会し、ASEAN協和宣言が発表された。これにより政治協力がASEANの地域協力の正式な一分野となり、同時に締結された東南アジア友好協力条約(TAC)は、ASEANの実質的な根拠条約となった。ASEANの地域協力の活動面では、政治分野での協力が当初から注目された。ベトナム戦争が激化する過程で発足し、80年代はインドネシア情勢をめぐり政治的団結を誇示した。冷戦終結後は世界秩序の急速な変化に対処するべく、安全保障面で様々な模索を試みる。ASEAN10カ国は東アジア地域の協力体制の緊密化を目的に、97年に日中韓の3カ国首脳との初の非公式会合を持ち、その後ASEAN+3として外相らによる対話の場が定例化した。加盟10カ国首脳は2007年11月20日、最高規範となるASEAN憲章に署名した。
(片山裕 神戸大学教授 / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

とうなんアジアしょこく‐れんごう〔‐レンガフ〕【東南アジア諸国連合】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうなんアジアしょこくれんごう【東南アジア諸国連合 Association of South‐East Asian Nations】
東南アジアにおける最初の本格的な地域協力機構として,1967年8月にインドネシア,マレーシア,フィリピン,シンガポール,タイの5ヵ国によって設立された。略称はASEAN(アセアン)。当初は,冷戦と地域紛争を切り離し,相互対立に代わって,社会・経済,文化面の相互協力を促進させることを目的としていた。しかし,70年代に入ってニクソン・ドクトリンによるアメリカの〈アジア離れ〉や,米中接近に見るアジアでの緊張緩和が進むと,東南アジア地域における大国間のバランスを求めた〈中立地帯宣言〉(1971)を打ち出し,地域紛争の自主的・平和的解決の方向を明確にした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうなんアジアしょこくれんごう【東南アジア諸国連合】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

東南アジア諸国連合
とうなんあじあしょこくれんごう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうなんアジア‐しょこくれんごう ‥ショコクレンガフ【東南アジア諸国連合】
(Association of Southeast Asian Nations の訳語) インドネシア、タイ、フィリピン、マレーシア、シンガポールの五か国が一九六七年結成した地域協力機構。その後、ブルネイ、ベトナム、ラオス、ミャンマーが加入。さらに一九九九年、カンボジアが加入し、加盟一〇か国によるアセアン10が発足した。本部はジャカルタ。略称ASEAN。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東南アジア諸国連合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東南アジア諸国連合の関連情報

他サービスで検索

「東南アジア諸国連合」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.