Rakuten infoseek

辞書

東北日本【とうほくにほん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東北日本
とうほくにほん
日本列島を地帯構造区分したとき,糸魚川-静岡構造線,またはフォッサ・マグナよりも東北側をさす。フォッサマグナの場合には,フォッサ・マグナの東縁線が不明瞭なので,東北日本の南西限界線もはっきりしなくなる。阿武隈川北上川馬淵川の各谷筋と,石狩地溝帯を結んだ線で外帯(太平洋側)と内帯(日本海側)に細分される。外帯は,古い岩石を主体とした山地が点々と南北に配列されている。阿武隈高地北上高地日高山脈天塩山地などの山地はその実例。内帯は,フォッサ・マグナ同様圧倒的に若い岩石を主体にした山々が多く,古第三紀層と新第三紀層の上に火山群が噴出している場合が多い。奥羽山脈出羽山地関東山地足尾山地などはその例といえる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とうほく‐にほん【東北日本】
日本列島を糸魚川(いといがわ)静岡構造線で二分したときの北東部。→西南日本

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうほくにほん【東北日本】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうほくにほん【東北日本】
日本列島を糸魚川―静岡構造線で二分した場合の東北部の称。中生界・古生界の基盤上に新第三系が広く分布。火山も多い。 ⇔ 西南日本

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

東北日本
とうほくにほん
日本の地体構造区分上、糸魚川‐静岡構造線(いといがわしずおかこうぞうせん)よりも北東側の本州および北海道の西部を含む地域。糸魚川‐静岡構造線よりも南西側は「西南日本」という。関東構造線よりも北側の東北日本は、北北西―南南東方向に延びる五つの地帯に分けられ、それらは西側から上越帯、足尾帯、阿武隈帯(あぶくまたい)、南部北上帯(なんぶきたかみたい)、北部北上帯とよばれる。
 上越帯には変成岩類や超塩基性岩類が分布し、西南日本の飛騨外縁帯(ひだがいえんたい)や三郡帯(さんぐんたい)に対比されている。足尾帯は中生代ジュラ紀付加堆積(たいせき)物からなり、西南日本の美濃‐丹波帯(みのたんばたい)の延長とされている。阿武隈帯には変成岩類と中生代白亜紀花崗(かこう)岩類がおもに分布し、西側の足尾帯との境界は棚倉破砕帯(たなぐらはさいたい)である。南部北上帯には古生代シルル紀から白亜紀までの浅海に堆積した地層と、白亜紀花崗岩類が分布する。北部北上帯には、ジュラ紀付加堆積物と白亜紀花崗岩類がおもに分布する。
 関東構造線よりも南側の東北日本は地質区分名として「関東山地」とよばれることが多く、西北西―東南東方向に延びる三波川帯(さんばがわたい)、秩父帯(ちちぶたい)、四万十帯(しまんとたい)が北側から分布する。関東山地のこれら3帯は、西南日本外帯の直接の延長である。このように、西南日本外帯は関東山地に連続し、足尾帯が西南日本内帯の美濃‐丹波帯の延長と考えられるため、白亜紀までの発達史を扱うとき、西南日本と東北日本の境界を糸魚川‐静岡構造線ではなく棚倉破砕帯とする場合がある。[村田明広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうほく‐にほん【東北日本】
地質学で、日本列島をフォッサマグナを境として二分したときの東北部をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東北日本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東北日本の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.