Rakuten infoseek

辞書

杯洗【ハイセン】

デジタル大辞泉

はい‐せん【杯洗/×盃洗】
酒席で、やり取りするいすすぐための器。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はいせん【杯洗】
杯を洗うため水を入れて酒席に置く器。〈さかずき洗い〉ともいう。明確な年代はわからないが,江戸後期から使用され始めたもので,寛政~天保(1789‐1844)ころ世態の推移を書きとどめた《寛天見聞記》(著者不詳)によると,著者の幼いころの酒宴は〈鉄銚子(ちようし)〉と〈塗杯〉を使うのが通例であった。それが染付の〈徳利(とくり)〉と陶磁器の〈猪口(ちよく)〉を使うようになり,〈(さかずき)あらひとて丼に水を入れ,猪口数多浮めて詠(なが)め楽しみ……〉というように変化したのは〈近来仕出し〉,つまり最近はじまったことだとしている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

食器・調理器具がわかる辞典

はいせん【杯洗/盃洗】
酒席で杯を交わす際に、杯を洗いすすぐための容器高台(こうだい)付きの陶磁器で、口が広く深い。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さかずき‐あらい さかづきあらひ【杯洗】
〘名〙 酒席で、杯を洗うために水を入れておくうつわ。杯澄まし。はいせん。
※浮世草子・風流曲三味線(1706)三「少し呑みて盃洗(サカヅキアラヒ)に遣し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杯洗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

杯洗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.