Rakuten infoseek

辞書

【ク】

デジタル大辞泉

く【来】
[動カ変]く(来)る」の文語形

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け【来】
動詞「く(来)」の連用形「き」の上代東国方言。
「水鳥の発(た)ちの急ぎに父母に物言(は)ずにて今ぞ悔しき」〈・四三三七〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ【来】
動詞「く(来)」の命令形。平安時代までは「よ」をつけない形で用いられた。→来(く)る
「この寮(つかさ)に詣(まう)で―」〈竹取

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らい【来】[人名]
鎌倉中期から南北朝時代山城で活躍した刀工家名高麗(こうらい)から渡来した国吉が祖とされるが、現存作刀はその子国行に始まる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らい【来】
[連体](日付・年月などで)この次の。きたる。「場所」「シーズン」
[接尾]時などを表す語に付いて、その時から現在まで続いている意を表す。以来。このかた。「数日」「昨年」「一別

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らい【来〔來〕】[漢字項目]
[音]ライ(呉)(漢) [訓]くる きたる きたす
学習漢字]2年
こちらにくる。近づいてくる。「来意来客来信来日(らいにち)来賓来訪遠来往来帰来去来光来再来襲来新来伝来渡来舶来飛来
これまで経てくる。起こりきたる。「来由来歴由来
過去のある時点から今まで。このかた。「以来元来近来古来在来爾来(じらい)従来生来年来本来夜来
時間的に、これからくる。「将来未来
今の次の。「来月来週来春来世来年
[名のり]き・く・こ・な・ゆき
[難読]帰去来(かえりなんいざ)出来(しゅったい)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

く【来】
動カ変
くる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け【来】
カ変動詞「来」の連用形「き」の上代東国方言。 父母にもの言はず-にて今ぞ悔しき/万葉集 4337

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ【来】
カ行変格活用動詞「く」の命令形の古形。こい。 旅にても喪なくはやと我妹子が結びし紐はなれにけるかも/万葉集 3717 こち、と言ひて/大和 103 平安中期以降には、かしこに物して整へむ、装束そうずくしてこよ/蜻蛉 こちこよ、と呼びよせて/宇治拾遺 5のように間投助詞を添えたこよの形も用いられるようになり、以後こよが次第に優勢になってゆく来る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らい【来】
時などを表す名詞の上に付いて、次の、来たる、の意を表す。 -学期 -年度 -場所
時などを表す名詞の下に付いて、その時から今まで、それ以来、の意を表す。 昨年-の懸案 先週-、気分がすぐれない

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らい【来】
姓氏の一。鎌倉中期から南北朝時代にかけて栄えた、京都の刀工群の家名。国行くにゆき・国俊くにとし・国光くにみつ・国次くにつぐらがおり、山城やましろ物を代表する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きた・す【来】
〘他サ五(四)〙
① 来るようにする。来させる。
※斯道文庫本願経四分律平安初期点(810頃)「喚び来(きたシ)て謫罰することゆるす」
② ある状態を招く。結果としてある状態をもたらす。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一〇「商業の不振を来(キタ)す」
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉帰ってから「頭に少し変調を来(キタ)したのか」
[語誌]→「きたる(来)」の語誌(2)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きたる【来】
〘連体〙 (動詞「きたる(来)」の連体形から転じたもの) (月、日や行事などを表わす語の上に付いて)近いうちに来る、この次の、の意を表わす。
※平家(13C前)一「来(キタル)〈高良本ルビ〉廿一日、主上御元服のさだめの為に」
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉下「来(キタル)日曜の午後二時を合図に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きた・る【来】
〘自ラ四〙 (「き(来)いた(至)る」の変化した語という)
① 人や物事がやってくる。
※書紀(720)継体二四年一〇月・歌謡「韓国(からくに)を 如何に言(ふ)ことそ 目頬子(めづらこ)枳駄楼(キタル)
※方丈記(1212)「生まれ死る人、いづかたよりきたりて、いづかたへか去る」
② 使い物にならなくなる。
(イ) 物などが古くなっていたむ。
※洒落本・青楼昼之世界錦之裏(1791)「すこしきたった小袖をうちかけ」
(ロ) 人が年とって衰える。ぼける。
滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「大きに来(キタ)りましたテ。世の中に老耄(おいこん)で能ものはごせへませんが」
③ 異性に、すっかりほれこむ。ほれる。まいる。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)三「年増のお麦めは自己(おいら)に九分九厘来(キタ)って居て」
[語誌](1)奈良時代にすでに見える語であるが、平安時代になると、漢文訓読系文献では「きたる」、和文系文献ではカ変動詞「く」が用いられ、明確な対立が見られる。
(2)訓読系では、和文系の「こさす」に当たる表現として「きたす(「きたる」に対する他動詞)」を用いた。ただし、「きたす」は上代にも例を見ず、訓点語の中で「きたる」に対して意識的に造られた可能性がある。
(3)平安時代の仮名文にも「かみの館(たち)の人々の中に、このきたる人々ぞ心あるやうにいはれほのめく(土左‐承平四年一二月二七日)」のように、①と見てよさそうな例がある。しかし、「みな月の照りはたたくにもさはらずきたり(竹取)」のように、カ変動詞「く(来)」の連用形に助動詞「たり」の付いたものと見なければならない例もあるため、前の例も二語と考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

く【来】
〘自カ変〙 ⇒くる(来)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くる【来】
〘自カ変〙 く 〘自カ変〙
[一]
① こちらに向かって近づく。また、ある場所、ある時期に向かってそこに至る。
(イ) 空間的に近づく。
※古事記(712)中・歌謡「苛(いら)なけく そこに思ひ出 愛(かな)しけく ここに思ひ出 い伐(き)らずそ久流(クル) 梓弓檀(まゆみ)
※俳諧・猿蓑(1691)一「あれ聞けと時雨来る夜の鐘の声〈其角〉」
(ロ) 時間的に近づく。
※万葉(8C後)一五・三七〇一「竹敷(たかしき)の黄葉(もみち)を見れば吾妹子(わぎもこ)が待たむといひし時そ伎(キ)にける」
② (目的地を主にしたいい方で) そちらへ行く。
※万葉(8C後)一五・三五八九「夕さればひぐらし来鳴く生駒山越えてそ吾が久流(クル)妹が目を欲(ほ)り」
③ 心がある人に向く。慕う気持が起こる。ござる。きたる。古くは女が男に、後には男が女にほれる場合をもいう。
※評判記・色道大鏡(1678)一「くる。是もほれらるる心也」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉七「君はよっぽど、どら吉にきてゐるな」
④ 古くなる。いたんでいる。
※洒落本・通言総籬(1787)一「そで口のちときた、うらゑりの小そで」
⑤ 空腹になる。すく。
※洒落本・公大無多言(1781)「そりゃあそふとだいぶはらが減(キ)たぜ」
⑥ (「…と来ている」の形で) ある状態である。…といった状態である。
※咄本・鹿の子餠(1772)野等息子「いがみの権(ごん)と来(キ)て居る息子」
⑦ (「…と来る」の形で) ある物をとりあげていう。
※洒落本・辰巳之園(1770)「豊岡が拳ときては、凄ひもんだ」
※雁(1911‐13)〈森鴎外〉四「一人もののおまはりさんと来(キ)た日には」
⑧ こちらに向かって言いかける。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉九「理窟詰に来(コ)られる時には、此方一言もない訳ですから」
※女難(1903)〈国木田独歩〉四「貴様(あなた)の行くところなら例(たと)ひ火の中、水の底と来(キ)まサア!」
⑨ (「…から来る」の形で) あることが原因となって現われる。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「それが全く文学熱から来たので」
⑩ ある物や状態が、その人や、その人に関係の深いものに自然に生じる。「がたが来る」
※蔵の中(1918‐19)〈宇野浩二〉「蒲団なんぞ万一黴(かび)なぞが来ると困るしね」
⑪ 自分の心や五感に感じる。
※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「柔かい頭へ此のわる笑いがじんと来たんだから、切なかった」
[二] 補助動詞として用いる。
① 動詞の連用形に付いて、ある動作や状態が以前から今までずっと続いていることを表わす。ずっと…する。
※書紀(720)神功皇后摂政一三年二月・歌謡「神寿(かむほ)き 寿き狂ほし 奉り虚(コ)し 御酒そ 残(あ)さず飲(を)せ ささ」
※源氏(1001‐14頃)帚木「うきふしを心ひとつにかぞへきてこや君が手をわかるべき折」
② 動詞の連用形に「て」を添えた形に付いて、あることをして、戻る意を表わす。
※枕(10C終)八二「さらば、そのありつる御文を賜はりてこ」
※咄本・無事志有意(1798)そそか「大きにくたびれた。湯へはいってこよふ」
③ 動詞の連用形または、それに「て」を添えた形に付いて、だんだんとそうなる、また、ある状態にはいり始める意を表わす。
※万葉(8C後)一四・三四五三「風の音の遠き吾妹(わぎも)が着せし衣(きぬ)手元のくだりまよひ伎(キ)にけり」
※洒落本・妓者呼子鳥(1777)三「いっそ、もふ目がとろとろしてきやしたよ」
[語誌](1)命令形は古くは「よ」を伴わないで「こ」だけで用いられた。平安時代には「こよ」も見られるが、「こ」だけの方が優勢である。「こい」が用いられるようになるのは室町時代頃か。
(2)過去の助動詞「き」へ続く場合は変則で、終止形「き」には続かない。連体形の「し」、已然形の「しか」には未然形「こ」、連用形「き」の両方とも続くが「こ」から続く方が優勢である。「かた時のあひだとて、かの国よりまうでこしかども〔竹取〕」「みやこ出でて君にあはんとこしものをこしかひもなくわかれぬるかな〔土左‐承平四年一二月二六日〕」など。
(3)江戸時代以降、未然形に「き」の形が現われることがまれにある。「ゑりわざ尋ねて来(キ)られた者を〔滑稽本・田舎草紙‐四〕」「顔を洗ふ湯も汲んできなければならない〔橇〈黒島伝治〉三〕」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け【来】
動詞「く(来)」の連用形「き」の上代東国方言。
※万葉(8C後)二〇・四三三七「水鳥の立ちの急ぎに父母にもの言(は)ず価(ケ)にて今ぞ悔しき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け・り【来】
〘自ラ変〙 (動詞「く(来)」の連用形「き」に「あり」の接続した「きあり」の変化したもの) 来ている。やってきた。
※万葉(8C後)六・一〇三四「古(いにしへ)ゆ人の言ひ来流(けル)老人(おいひと)の変若(をつ)といふ水そ名に負ふ滝の瀬」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ【来】
(動詞「来(く)」の未然形、命令形) ⇒くる(来)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ・れる【来】
〘ラ下一〙 (「来る」の可能動詞) 来ることができる。本来、「来られる」であるが、五(四)段活用からできた可能動詞「書ける」「帰れる」などに引かれてできた言い方。
※をさめ髪(1900)〈永井荷風〉一「花生さんも最う席なんかへでなくったって、左団扇と来(コ)れる様な訳なんだね」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らい【来】
[1] 〘名〙
① 現在より後の時期。未来。将来。〔文明本節用集(室町中)〕 〔易経‐繋辞上〕
② (「擂」とも書く) 鞨鼓(かっこ)の奏法とその譜字。細かくきざんで打つもの。
[2] 〘語素〙
① 時を表わす語の上に付いて、その時が今から後に来るものであることを表わす。この次の。きたる。「来学期」「来春」「来二日(らいふつか)」など。
※日葡辞書(1603‐04)「Rai(ライ)ハル」
② 時を表わす語に付いて、その時からずっと続いていることを表わす。以来。このかた。「先日来」「数日来」「昨年来」など。
※江戸買物独案内(1824)く「私店元祖より二百年来(ライ)余製薬仕致」 〔孟浩然‐春暁詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

来の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.