Rakuten infoseek

辞書

【ジョウ】

デジタル大辞泉

じょう〔デウ〕【条】
[名]
箇条書きにした一つ一つの項目。条項。「を追って審議する」
…のこと。…の件。「先般お申し越しの、承知いたしました」
接続助詞的用法。
㋐…によって。…の故に。現代文では候文の手紙などに用いる。「殊勝に候、差し許すべく候」
㋑(「とは言い条」の形で)…ものの。…ても。「天候のせいとは言い配達が遅れて申し訳ない」
古代の都城区画。→条坊
古代の土地区画。→条里制
[接尾]
細長いものを数えるのに用いる。「帯一」「一の川」
いくつかに分かれた事項の数を数えるのに用いる。「十七の憲法」「第一

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう【条〔條〕】[漢字項目]
[音]ジョウ(デウ)(呉) [訓]すじ
学習漢字]5年
木の細い枝。「枝条柳条
すじ。すじ状のもの。「条痕(じょうこん)軌条索条線条鉄条発条(はつじょう)
縦横に区切った道筋。「条坊条里制
秩序立った筋道。「条理
一筋ずつ書き並べた文。「条件条項条文条約条例箇条教条玉条信条前条逐条
事柄。「別条
「絛」(さなだひも)の代用字。「条虫
[名のり]え・えだ・なが
[難読]条彫(すじぼ)り条播(すじま)き発条(ばね)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょう【条】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おち【条】
いくつかに分かれている事項を数えるのに用いる語。条じよう。箇条。 「憲法いつくしきのり十七とおあまりなな-/日本書紀 推古訓

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう【条】
[1] ( 名 )
ひとつずつ書き分けた文章。箇条。 「仁徳七年四月の-に見える事件」
条坊制で、南北を九つに分けた一区画。
古代、条里制の耕地の一区画。
(形式名詞) こと。かど。段。 「無音ぶいんに乱入の-甚だいはれなし/保元
(候文で、接続助詞的に用いて)…によって。…故に。 「信長別して入魂申され候-、いよいよ向後御隔心なく/秀吉書簡」
( 接尾 )
助数詞。
条文・条項などを数えるのに用いる。 「十七-の憲法」 「憲法第九-」
細長いものを数えるのに用いる。 「一-の光」 「九-の白旗」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おち をち【条】
〘名〙 (助数詞的に用いられて) 条(じょう)。箇条。→条条(おちおち)
※書紀(720)推古一二年四月(岩崎本訓)「皇太子、親(みづか)ら肇(はじ)めて憲法(いつくしきのり)十七条(とをちあまりななヲチ)を作(つく)りき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう デウ【条】
[1] 〘名〙
① 条坊の制で、都(平城京・平安京)の左京・右京おのおの南北を、一条から九条に区画したもの。また、その大路をいう。東西は朱雀大路を中心に左京・右京おのおの一坊から四坊に分つ。
※小右記‐寛仁三年(1019)四月一三日「此両三日間、諸条造道守舎云々」
② 令制に基づく耕地区画の名。
※朝野群載‐二・承和五年(838)一二月一五日「同条荒見社、里十坪十一坪十四坪十五坪、合拾肆町也」
③ (形式名詞的に用いる) すじ。くだり。廉(かど)。こと。
※古事談(1212‐15頃)二「うひうひしく被思食之条尤道理也」
※保元(1220頃か)上「未だ天の明けざらむ前に、勝負を決せむ条、何の疑ひか侯ふべき」 〔書経‐盤庚〕
④ ひとまとまりの文章。条文。
※律(718)名例「下条准此」
⑤ (候文の中で接続助詞のように用いられて) 前の文を受けて、その当然の結果として次の文が成り立つことを示す。…によって。故に。
※小早川家文書‐天正一九年(1591)八月二一日・豊臣秀吉法度「三人の人代不申付にをいては、不被及是非候条、其主人を可被加御成敗事」
⑥ ⇒じょう(定)(一)④
[2] 〘接尾〙
① 糸・帯・縄・幕・川・道など、細長いものを数えるのに用いる。
※延喜式(927)一六「幕二条〈一条椽東絁。一条紺調布〉」
② いくつかに分かれている事項を数え上げるのに用いる。
※平家(13C前)二「十七ケ条の御憲法に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

条の関連情報

他サービスで検索

「条」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.