Rakuten infoseek

辞書

【そく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


そく
(1) lattice ラティスともいう。集合L の任意の元をxyz とし,この元の間に結合関係∪(結び)および∩(交わり)が定義されていて,次の条件が成り立つとき,集合L は束であるという。

(a) べき等律 xxxxxx
(b) 交換律 xyyxxyyx
(c) 結合律 xy)∪zx∪(yz
xy)∩zx∩(yz
(d) 吸収律 xy)∩xx
xy)∪xx


xyy のとき xy と考えて束は順序集合であり,逆に順序集合でxy の上限,下限があるとき,それらを xyxy とすれば束になる。全順序集合は,もちろん束になる。また,ある集合の部分集合の全体は束となるが,それは論理の束に対応していて,いわゆるブール束である。また,自然数も整除に関して,最大公約数と最小公倍数を考えれば束になる。
(2) bundle ファイバー・バンドル(→ファイバー空間)のことをファィバー束と呼び,そのバンドル空間を束ということがある。区別するときには(1)をバーコフの束と呼ぶ。
(3) pencil 一点を通る直線または平面のなす図形。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そく【束】
束ねたものを数える単位。稲など、10把をひとまとまりとしたもの。また、半紙10帖、すなわち200枚を1束という。「薪(まき)五
矢の長さを測る単位。親指を除いた4本の指の幅を1束という。
「大矢と申す定の物の、十五―におとってひくは候はず」〈平家・五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そく【束】[漢字項目]
[音]ソク(呉) [訓]たば つか つかねる
学習漢字]4年
〈ソク〉
引き締めて一つにまとめる。「束帯束髪結束収束
動きがとれないように引き締める。「束縛検束拘束約束
一つにまとめたもの。たば。「幣束維管束二束三文
〈たば〉「札束花束
[名のり]き・さと・つかぬ・つかね
[難読]束子(たわし)不束(ふつつか)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たば【束/把】
[名]物をひとまとめにしてくくったもの。「薪を―にする」
[接尾]助数詞。たばねたものを数えるのに用いる。「花二―」「ねぎ一―」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つか【束】
《「束(つか)ねる」「掴(つか)む」と同語源》
梁(はり)の上や床下などに立てる短い柱。束柱(つかばしら)。
紙をたばねたものの厚み。また、製本したときの本の厚み。「が出る」「見本」
古代の長さの単位。指4本分の幅を基本とする、矢の長さをいうときに、八束(やつか)十束(とつか)などと用いる。
古代の量の単位。重さ1斤の稲を1把とし、10把を1束とした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

木造建築の構造部材の一種で、梁と棟木との間や、床下など、さまざまな部位に用いられる短い垂直の部材の事。束柱ともいう。床束小屋束、釣束、えび束などがある。床束は、束石の上に立ち、床を支えている大引きを支える柱で、床にかかる荷重を地盤に伝えるもの。現在は腐食しないプラスチックや金属製のものもある。小屋束は、梁の上に垂直に立ち、母屋を受け支える柱の事を指す。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そく【束】
(1)穫稲をはかる単位。収穫時に稲を束ねることに始まり,古くは〈つか〉ともよばれた。律令制下では10把を1束として1斗,米5升(後の2升強)となるのを標準とし,田租も稲束によって収納した。1束の稲を収穫しうる面積を1代(しろ)とよんだことから,50束を1反(段)とする面積単位となったこともある。近世でも束刈(そくかり)という面積単位が民間で行われている。律令制崩壊後は束の量は不定となり,江戸時代仙台地方の例では6把1束,1束から籾2~3升をとった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

そく【束 lattice】
数学用語。バンドルbundleの訳語として束という言葉が使われることがあるが,それは〈ファイバーバンドル〉の項目を参照。ここではlatticeの訳語としての束について述べる。ある集合が二つの演算(通常∪,∩で表す)をもち,すなわち,任意の二元a,bに対しab,abがそれぞれ一意的に定まり,次の性質(1)~(3)をもつとき,その集合を束という。なお,aba,bの結び,aba,b交わりという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

たば【束】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そく【束】
〘数〙 〔lattice〕 数学の代数系の一。ある集合の二つの元げんの間に二つの演算が定義され、それらが冪等律べきとうりつ・交換律・結合律・吸収律の性質を満たすとき、この集合を束という。 「ブール-」 「モジュラー-」
江戸時代、商人が用いた符牒。一・十・百・千などの数を表す。 「 - (=百両)と思つたその金も/歌舞伎・加賀鳶」
ものを数えるときに用いる単位。
稲一〇把をいう。
半紙一〇帖(二〇〇枚)をいう。
蟇目ひきめの矢二〇本をいう。
釣りで、一〇〇尾をいう。一束。 「 -釣り」
矢の長さを表す単位。一握り分の長さを一束という。 「十二-三つ伏せ」
[句項目] 束に立つ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つか【束】
上代の長さの単位。四本の指で握った幅。 「八-(やつか)」 「十-剣を抜きて/古事記 上訓」 → そく(束)束の間
製本で、書籍などを製本するときの、表紙を除いた本の中身の厚さ。また一般に、書物の厚み。 「 -が出る」
短い柱の総称。束柱つかばしら

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

つか【束】
建物の骨組みを構成する部材の一つ。短めの柱。小屋組みの梁(はり)と棟木(むなぎ)の間や床下などに用いる。◇「束柱(つかばしら)」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そく【束】
〘名〙
[一] 物を数える単位。
① 稲など一〇把をひとまとまりとしたもの。
※令義解(718)田「十段為町。〈段祖稲二束二把。町祖稲廿二束〉」
② 半紙一〇帖、すなわち二〇〇枚をいう。
※実隆公記‐大永七年(1527)七月六日「有使者。吉野雑紙〈五束〉送之」
③ 矢の長さをはかる単位。親指を除いた四本の指の幅。一にぎり分の長さ。約二寸五分(約七・七センチメートル)。
※平家(13C前)五「君は実盛を大矢とおぼしめし候歟。わづかに十三束こそ仕候へ。〈略〉大矢と申ぢゃうの物の、十五束におとってひくは候はず」
④ 射芸で、蟇目(ひきめ)の矢二〇本のこと。〔岡本記(1544)〕
⑤ 薪炭、竹材などの容積にいう。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)三「薪を千束積て」
⑥ 板、貫、小割などの木材の材積単位。四分板は二・五坪分、六分板では一・五坪分。
⑦ 釣りで、一〇〇尾をいう。「ハゼ五束」
[二] 江戸時代、商人などが用いた一、十、百、千などの数をいう符牒。
① 一をさす。
※随筆・摂陽落穂集(1808)四「一 そく よそともいふ」
② 十をさす。
※浄瑠璃・いろは蔵三組盃(1773)七「飯櫃の代りになる。蓋なしおかわ何ぼ何ぼ何ぼ。十五匁(ソクがれん)十五匁(ソクがれん)
③ 百をさす。多く、寄席などの客の数についていう。
※雑俳・削かけ(1713)「買にゆく今ではしっかいそくでやす」
④ 千をさす。多く、金銭の一〇〇〇文すなわち一貫をいう。
※咄本・無事志有意(1798)松魚「『鰹はそくろんじさ』『〈略〉いか程の事じゃ』『アイそくは一貫の事、ろんじはしれやせう』」
[三]
① 約束のこと。主に、京都祇園の花街で、日柄約束の意に用いる。
※洒落本・箱まくら(1822)上「まづやかたへは、束(ソク)十ばかりを通して、生の五両は内証にして」
② 髪などをたばねること。
※巷談本牧亭(1964)〈安藤鶴夫〉春高楼の…「なにを入れているのか髪の毛を束(ソク)に上へつっ立てて」
③ 数学で、代数系の一つ。ある集合の上に二つの演算が定義され、それらが交換、結合の両法則をみたし、かつ互いに他に対する吸収法則をみたすならば、この集合を束という。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たば・ぬ【束】
〘他ナ下二〙 ⇒たばねる(束)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たばね【束】
〘名〙 (動詞「たばねる(束)」の連用形の名詞化)
① 束ねること。束にすること。また、そのもの。たば。
※堀河百首(1105‐06頃)春「春の田をことありがほにかへせどもうてる蕨はたばねだになし〈源国信〉」
② 取り締まること。ひとつにまとめること。また、その役やその人。取締役。監督。責任者。
※松ヶ岡本人天眼目抄(1471‐73)上「去程に帯と云は、物のたばねだぞ」
※浄瑠璃・博多小女郎波枕(1718)中「此の心清町一町のたばねをする年寄」
③ 江戸時代に行なわれた、男の髪の結い方の一種。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「たばねを結ふ中にも、あの位(くれへ)手の利いた者は覚えねへ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たば・ねる【束】
〘他ナ下一〙 たば・ぬ 〘他ナ下二〙
① 細長いもの、毛、紙などを一つにまとめて紐などでくくる。束にする。たばゆ。〔観智院本名義抄(1241)〕
※日葡辞書(1603‐04)「イネヲ tabanuru(タバヌル)
※人情・春色梅児誉美(1832‐33)初「首髪(つむり)はひどくうっとしそふだねへ、そっと束(タバ)ねてあげよふかへ」
② ある組織の全体をまとめる。また、その役をする。
※詩学大成抄(1558‐70頃)四「王は天地の中にいて、天地をたばね」
※肉体の悪魔(1946)〈田村泰次郎〉「複雑多岐にわたる個人生活を持つ劇団員を一つの方向にたばねる上には」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つか【束】
〘名〙 (「つかねる(束)」「つかむ(掴)」と同源)
① 長さの単位。手でつかんだほどの長さ。すなわち、指四本分の幅にあたる。古代の単位で和数詞について「八束(やつか)」「十束(とつか)」などと用いる。後世は、矢の長さの場合だけに用いる。ただし、音読して「そく」という。
② 古代、稲の量をはかるのに用いた単位。重さ一斤の稲を一把とし、一〇把を一束という。
※書紀(720)大化二年正月(北野本訓)「段(きた)ことに租(たちから)の稲、二束(ツカ)二把(たはり)
③ 紙をたばねたものの厚み。転じて、本の表紙を除いた中身の厚さ。書物の厚さ。〔現代語大辞典(1932)〕
④ 「つかばしら(束柱)」の略。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つか・ぬ【束】
〘他ナ下二〙 ⇒つかねる(束)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つかね【束】
〘名〙 (動詞「つかねる(束)」の連用形の名詞化) 一つにまとめてくくること。また、そのもの。薪や藁などの束を数えるときにも用いる。
※観智院本名義抄(1241)「純束 ツカネ」
※新撰六帖(1244頃)六「かりおけるつかねのあゐのそこらあればあくまで染めん色ぞしらるる〈藤原知家〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つか・ねる【束】
〘他ナ下一〙 つか・ぬ 〘他ナ下二〙
① 集めて一つにくくる。集めていっしょにしばる。たばねる。
※万葉(8C後)一六・三七九一「みなのわた か黒し髪を ま櫛もち ここにかきたれ 取り束(つかね) 挙げても纏きみ」
曾丹集(11C初か)「やまちのみ柴刈る民の手もたゆくつかねもあへず風の寒さに」
② 集めてひとところに置く。まとめて積みあげる。
※随筆・独寝(1724頃)上「はり有山吹の山をつかね、にしきの楯をならべて」
※妻(1908‐09)〈田山花袋〉一五「座敷の一隅につかねて置いた蒲団」
③ 手をそろえて一つにする。また、腕をくむ。→て(手)をつかねる
※平家(13C前)七「雖然、貴賤手をつかね、緇素足をいただく」
④ すべつかさどる。統帥する。総轄する。
[補注]「改正増補和英語林集成」には「ワラヲ ツガネル」、「テヲ ツガネル」の例が見られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

束の関連情報

関連キーワード

空間格子拡散フォトニックラティス格子底心格子

他サービスで検索

「束」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.