Rakuten infoseek

辞書

束縛【ソクバク】

デジタル大辞泉

そく‐ばく【束縛】
[名](スル)
まとめてしばること。しばり捕らえること。
「一たび癖習を成せば、鉄鎖を以て―するよりも強し」〈中村訳・西国立志編
制限を加えて行動の自由を奪うこと。「自由を束縛する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

束縛
米国の作家ロバート・B・パーカーのミステリー(2002)。原題《Shrink Rap》。「女性探偵サニー・ランドル」シリーズ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

そくばく【束縛】
( 名 ) スル
しばること。捕らえること。
行動に制限を加えて自由を奪うこと。 「時間に-される」 「紅塵こうじん深き処に-せられたる身の/日光山の奥 花袋

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そく‐ばく【束縛】
〘名〙
① 一つにまとめてること。縛りとらえること。〔文明本節用集(室町中)〕
※両足院本山谷抄(1500頃)四「とってかえいて我胸中の賊を束縛せば、自然に我心が明白になりて」 〔戦国策‐斉策〕
② 思想・感情・行動に制限を加えて自由をうばうこと。
童子問(1707)下「苟以区区死定束縛羈絏此心事焉。則是悉廃心之用也」
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「楼主の娼妓を御する牛馬の如く人の一生を束縛して」 〔史記‐礼書〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

束縛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

束縛の関連情報

他サービスで検索

「束縛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.