Rakuten infoseek

辞書

村山談話【ムラヤマダンワ】

デジタル大辞泉

むらやま‐だんわ【村山談話】
平成7年(1995)8月15日に当時の首相村山富市が発表した「戦後50周年の終戦記念日にあたって」と題された談話。日本が第二次大戦中にアジア諸国で侵略や植民地支配を行ったことを認め、公式に謝罪したもの。日本の公式見解として歴代内閣に引き継がれている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

村山談話
戦後50年にあたる1995年8月15日に村山内閣閣議決定した首相談話。過去の一時期、植民地支配と侵略によりアジア諸国に多大の損害苦痛を与えたことを認め、痛切な反省と心からのおわびを表明した。以後、歴代内閣が村山談話の歴史認識を踏襲している。
(2015-03-16 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

村山談話
むらやまだんわ
1995年8月,村山富市内閣総理大臣が閣議決定(→閣議),発表した第2次世界大戦に関する談話。正式名称「村山内閣総理大臣談話『戦後50周年の終戦記念日にあたって』」。第2次世界大戦について,日本は国策を誤って戦争の道に進んで国民を存亡の危機に陥らせ,植民地支配と侵略によって多くの国々,とりわけアジア諸国の人々に多くの損害と苦痛を与えたとした。こうした歴史の事実を謙虚に受け止め,あらためて痛切な反省を表し,心からのおわびの気持ちを表明した。関係国からは一定の評価を受け,歴代の政権も踏襲した。戦後 60年の 2005年に小泉純一郎首相が閣議決定し,発表した談話(小泉談話)でも,植民地支配と侵略によってアジア諸国の人々などに多大の損害と苦痛を与えたことや,痛切な反省やおわびの気持ちを表明するといった表現が取り入れられた。安倍晋三首相が戦後 70年の 2015年に閣議決定し,表明した談話(安倍談話)では,村山談話の表現は使われなかったが,安倍首相は談話発表後の会見のなかで,村山談話のおわびの気持ちを引き継いでゆく考えを示した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

村山談話
むらやまだんわ
日本の過去の植民地支配と侵略を日本政府が公式に認め、「反省とお詫(わ)び」を表明した首相村山富市(むらやまとみいち)(当時)による談話。村山内閣が1995年(平成7)8月15日に閣議決定し、村山自身が記者会見で発表した。正式名称は「村山内閣総理大臣談話『戦後50周年の終戦記念日にあたって』」。その後の歴代内閣は村山談話を引き継ぐ姿勢を示しており、日本の戦争責任と平和への決意を明確にした政府公式見解とされている。
 村山談話は前文に続いて、「平和と繁栄を築いた日本国民への敬意と諸外国への感謝」「平和友好交流事業の展開と戦後処理問題への対応」「植民地支配と侵略への謝罪」「核兵器廃絶など国際的軍縮の推進」の四つの部分からなっている。とくに第3部分では「植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました」との表現で公式に植民地支配と侵略を認め、「痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ち」を表明した。談話発表の記者会見で村山首相は「第二次世界大戦にかかわる戦争被害者からの日本政府への賠償請求や財産請求の問題は法的に解決済み」との考えを示した。村山談話は日本政府の歴史認識の公式見解とされているが、植民地支配、侵略、賠償請求などをめぐっては論争になることが多い。
 政府首脳による談話には、村山談話のほか、戦後60年の節目(2005年)に首相小泉純一郎が植民地支配と侵略について改めて「反省とお詫び」を表明した「小泉談話」、1993年に官房長官河野洋平が従軍慰安婦への旧日本軍の関与や強制性を公式に認めて謝罪した「河野談話」などがある。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村山談話」の用語解説はコトバンクが提供しています。

村山談話の関連情報

関連キーワード

黒人問題高松伸モスクワニコラス ケイジエマ トンプソンサンクト・ペテルブルグ坂茂平山郁夫[各個指定]工芸技術部門五木寛之

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.