Rakuten infoseek

辞書

村上鬼城【むらかみ きじょう】

美術人名辞典

村上鬼城
俳人。東京生。名は荘太郎。鳥取藩士小原平之進の子、母方村上家の養子。初め司法官を志したが、耳疾のため代書人となる。のち正岡子規高浜虚子師事渡辺水巴飯田蛇笏前田普羅らと並んで「ホトトギス」における代表的俳人として活躍した。昭和13年(1938)歿、74才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

むらかみ‐きじょう〔‐キジヤウ〕【村上鬼城】
[1865~1938]俳人。江戸の生まれ。本名、荘太郎。正岡子規高浜虚子に師事して「ホトトギス」に参加。鬼城句集」「鬼城俳句俳論集」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

村上鬼城 むらかみ-きじょう
1865-1938 明治-昭和時代前期の俳人。
慶応元年5月17日生まれ。群馬県高崎区裁判所の代書人となる。「ホトトギス」に投句して高浜虚子に激励され,大正6年大須賀乙字(おつじ)編「鬼城句集」により俳名をあげた。難聴にくるしみ,不遇の生活を境涯句として表現した。昭和13年9月17日死去。74歳。江戸出身。旧姓は小原。本名は荘太郎。
格言など】生きかはり死にかはりして打つ田かな

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

むらかみきじょう【村上鬼城】
1865~1938 俳人。江戸の人。本名、荘太郎。「ホトトギス」初期から俳句・写生文を寄せ、のち虚子派に重きをなした。人生への諦念と貧窮生活のにじみ出た写生句を特徴とする。著「鬼城句集」「鬼城俳句俳論集」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

村上鬼城
むらかみきじょう
[生]慶応1(1865).5.17. 江戸
[没]1938.9.17. 高崎
俳人。本名,荘太郎。 1884年明治義塾法律学校に入学したが耳疾のため中退。 95年正岡子規と文通,1913年高浜虚子に認められ,やがて大正期の『ホトトギス』で活躍。句集『鬼城句集』 (1917,25) ,『定本鬼城句集』 (40) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

村上鬼城
むらかみきじょう
(1865―1938)
俳人。江戸に生まれ、幼時高崎に移る。本名荘(しょう)太郎。11歳で母方の養嗣子(ようしし)となる。若くして耳疾を患い、ために軍人、司法官を志して果たさず、父の職を継いで高崎裁判所の代書人となった。『ホトトギス』の初期より投句し正岡子規(しき)の指導を受け、次いで高浜虚子(きょし)に就く。『ホトトギス』の有力作者となったが、耳疾のため裁判所を辞めさせられ、多くの子女を抱えて貧困と不遇の生活に甘んじ、動物に哀憐の目を注いだ独特の境涯句は大須賀乙字(おおすがおつじ)の激賞を受け、乙字編『鬼城句集』(1917)により一躍俳名があがった。その後愛知県発行の俳誌『山鳩(やまばと)』の選者に迎えられ、浅井啼魚(ていぎょ)らの尽力で大阪に鬼城会も発足し、生活もしだいに安定した。句集には前記と同名の『鬼城句集』(1926)、『続鬼城句集』(1933)のほか、『鬼城俳句俳論集』(1947)などがある。[村山古郷]
 治聾酒(じろうしゅ)の酔ふほどもなくさめにけり
『『村上鬼城全集』全3巻(1974・あさを社) ▽中里昌之著『村上鬼城の基礎的研究』(1985・桜楓社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むらかみ‐きじょう【村上鬼城】
俳人。江戸の生まれ。鳥取藩士の子。本名荘太郎。はじめ軍人を志したが耳疾のため断念、代書を業とした。大須賀乙字・高浜虚子に認められ、大正初期に「ホトトギス」誌上で活躍。耳疾と貧苦に悩む生活を詠んだ句が多く、「境涯の俳人」と呼ばれた。著「鬼城句集」「鬼城俳句俳論集」。慶応元~昭和一三年(一八六五‐一九三八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村上鬼城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

村上鬼城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.