Rakuten infoseek

辞書

村上木彫堆朱【むらかみきぼりついしゅ】

事典 日本の地域ブランド・名産品

村上木彫堆朱[漆工]
むらかみきぼりついしゅ
北陸甲信越地方、新潟県の地域ブランド。
村上市で製作されている。村上地方における漆枝は、およそ600年前、京都から寺院建築にやってきた漆工によって伝わったとされる。堆朱彫は、江戸時代後期の文政年間(1818年〜1830年)に江戸詰めの村上藩士が名工から学び、これを村上に伝えたことにより藩内にひろがった。江戸時代末期には、本堆朱の研究をすすめ、図案の写実性を考慮し、鎌倉彫の彫法を加えるなどして、今日の村上木彫堆朱の基礎が築かれた。1976(昭和51)年2月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

村上木彫堆朱(ついしゅ)
新潟県、村上地方で生産される漆器村上堆朱とも。彫刻を施した木地に漆を塗る独特の技法でつくられる。おもに朱一色で仕上げる堆朱をさすが、国指定伝統的工芸品としては堆朱・堆黒(ついこく)・朱溜(しゅだめ)塗・金磨(きんま)塗・色漆(いろうるし)塗・三彩彫の全6種の技法の総称として用いられる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村上木彫堆朱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

村上木彫堆朱の関連情報

他サービスで検索

「村上木彫堆朱」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.