Rakuten infoseek

辞書

村上堆朱【むらかみついしゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

村上堆朱
むらかみついしゅ
新潟県村上市で産する漆器堆朱は本来,朱漆を塗り重ねた層に彫刻する技法で,彫漆 (彫刻器) であるが,村上堆朱は,木地の素地 (きじ) に文様を彫刻したのちに朱漆を塗る堆朱に似せた技法。享保年間 (1716~36) に村上藩奨励で藩士たちが産業として普及させ,現在,「村上木彫堆朱」の名称で伝統工芸品に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

むらかみ‐ついしゅ【村上堆朱】
村上市から産する漆器。木彫りの素地(きじ)に漆を塗り、堆朱堆黒などに似せたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むらかみついしゅ【村上堆朱】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

むらかみついしゅ【村上堆朱】
村上市から産出する漆器。木彫りの素地きじに漆を塗り重ねて、中国の堆朱・堆黒に似せたもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

村上堆朱
むらかみついしゅ
新潟県村上市を中心に産する漆器。木彫素地(きじ)に塗漆して、堆朱・堆黒に似せたもの、またはその加飾技法。中国画の楼閣山水、人物花鳥から取材した主文と、幾何学文様の雷文(らいもん)、綸子(りんず)文、麻の葉文、万字文などから構成する図柄に特色がある。木彫部分の漆は、厚すぎると文様を埋めたり、仕上がりがぼってりとなり、薄すぎても角の部分が露出するので、彫刻部分を指頭(指の腹)またはタンポでたたいて塗り、刷毛(はけ)で調整するのが特色である。起源は江戸後期、享保(きょうほう)年間(1716~36)であるが、文化・文政(ぶんかぶんせい)(1804~30)ごろ村上藩士が高松の玉楮象谷(たまかじぞうこく)に学んだ技法を伝えてから盛んになった。とくに堆朱彫に格段の進歩がみられ、有磯周斎(ありそしゅうさい)(1805―79)などの名工が現れ、明治維新後も民間産業として発展し現代に至っている。[郷家忠臣]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村上堆朱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

村上堆朱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.