Rakuten infoseek

辞書

材/財【サイ】

デジタル大辞泉

さい【材/財】[漢字項目]
〈材〉⇒ざい
〈財〉⇒ざい

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざい【材】
材木。木材。「通し柱に太いを使ってある」
原料。材料。「印のに角(つの)を用いる」
才能。また、才能のある人。「国家有用の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざい【材】[漢字項目]
[音]ザイ(呉) サイ(漢)
学習漢字]4年
原料となる木。「材木角材製材
原料となるもの。「材料器材教材鋼材資材取材素材題材
役に立つ素質・能力。「逸材人材適材
[名のり]えだ・き・もとき・もとし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ざい【材 wood】
木本植物の形成層の活動によってつくられる二次木部をいう。管状要素(道管要素あるいは仮道管),木部柔組織細胞,木部繊維などからなり,細胞壁は二次壁をもっていて厚く,木化する。形成層からつくられてしばらくは水分の通道に役だつが,やがてその機能を失い,その後は植物体の重い地上部を支える支持の働きをする。温帯・寒帯では形成層活動の季節変化によって年輪がつくられ,春材と夏材(または秋材)が区別できる。熱帯の樹木では年輪が明確ではないが,雨季と乾季を反映する構造がみられる場合がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ざい【材】
材木。木材。 「檜ひのき-」 「良質の-を使って建てた家」
木本植物の茎の木質の部分をいう。道管・木部柔組織・木部繊維などから成り、温帯以北では年輪が見られる。
才能や能力のある人物。人材。 「有為の-を育成する」
物を作るときのもとになるもの。材料。 「小説の-を古代にもとめる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


ざい
植物において、形成層の活動によってその内側に形成された二次木部をいう。形成層の活動の程度や永続性は植物の種類で異なり、数年以上にわたって材を形成し続けるのがいわゆる樹木である。[鈴木三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざい【材】
〘名〙
① 材木。木材。「杉材」 〔植学啓原(1833)〕 〔周礼‐天官〕
② 能力。才能。もちまえ。才。また、それをもっている人。
※太平記(14C後)二〇「有源家余裔尊氏直義。無忠貪大祿、不材登高官」 〔荘子‐山木〕
③ 製造、加工のもとになる物質。原料。材料。料。比喩的にも用いる。
※文明本節用集(室町中)「良匠無(サイ)、明君無士〔帝範〕」 〔周礼‐天官〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

材/財」の用語解説はコトバンクが提供しています。

材/財の関連情報

他サービスで検索

「材/財」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.