Rakuten infoseek

辞書

材質腐朽病【ざいしつふきゅうびょう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

材質腐朽病
ざいしつふきゅうびょう
木材の構成細胞を分解、消費する一群の菌類(木材腐朽菌)が、枯れ枝や傷口から生立木(せいりゅうぼく)の幹や太枝の材部に侵入し、腐れをおこす場合をとくに材質腐朽病という。壮・老齢木では年間の材積成長量より腐朽量のほうが上回ることが多く、樹齢の増加とともに腐れは急速に進行する。このため幹の空洞化や強風による幹折れや落ち枝の原因となる。サルノコシカケ科Polyporaceaeに属する硬質キノコの仲間によっておこり、林業上あるいは風致保存上、重要な樹木病害の一つである。[小林享夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

材質腐朽病」の用語解説はコトバンクが提供しています。

材質腐朽病の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.