辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

杏色【あんずいろ】

色名がわかる辞典

あんずいろ【杏色】
色名の一つ。JISの色彩規格では「やわらかい黄赤」としている。一般に、バラ科アンズの熟した果実の色をさし、明るいだいだい。黄色がかった橙色から、赤みがかった橙色まで幅が広い。日本古来の色名ではなく、英名アプリコット(apricot)、仏名アプリコなどの訳語とされる。口紅、女性用の靴や衣料品、カーテンなどの色として日常によく使われる。アンズ自体は種子が生薬しょうやく杏仁きょうにんとして使われるなど、日本でも古くから栽培されていた。花は淡い薄紅色

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杏色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

杏色の関連情報

関連キーワード

環境JIS学校用家具JIS漢字水準旧JISJIS X0221新JIS地金(金属材料)洗濯表示文字集合文字コード

他サービスで検索

「杏色」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.