Rakuten infoseek

辞書

杏仁【アンニン】

デジタル大辞泉

あん‐にん【×仁】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きょう‐にん〔キヤウ‐〕【×仁】
アンズ種子漢方鎮咳(ちんがい)・去痰(きょたん)薬にする。あんにん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

杏仁
火成岩(主に火山岩)のガスによってできた空洞が,その後のマグマ活動後期の残液から形成された鉱物で充填されたもの.充填する物質にはゼオライト緑泥石蛋白石,カルセドニイ,方解石などがある[McLintock : 1915].ギリシャ語のamygdalonはアーモンド(almond)のことで,仁(きょうにん)と訳す.杏仁は杏子(あんず)の実の種子を乾かしたもので,形が似ていることから命名された.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

きょうにん【杏仁】
漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。バラ科アンズの種子を乾燥させたもの。鎮咳(ちんがい)去痰(きょたん)の作用があり、気管支炎喘息(ぜんそく)などに用いる。感冒肺炎気管支喘息に効く麻黄湯(まおうとう)、気管支炎、小児喘息に効く麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)、気管支炎、気管支喘息に効く苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)などに含まれる。また、あんず酒は疲労回復に効く。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうにん【杏仁】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あんにん【杏仁】
〔「あん」は唐音、「にん」は呉音〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きょうにん【杏仁】
〔呉音〕
アンズ類の種子。また、その生薬名。アミグダリンを含み鎮咳・去痰の漢方薬に用いる。あんにん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

杏仁
きょうにん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あん‐にん【杏仁】
〘名〙 (「あん」は「杏」の唐宋音。「にん」は「仁」の呉音) アンズの種の中の肉。薬用にする。きょうにん。
※伊京集(室町)「杏仁 アンニン」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きょう‐にん キャウ‥【杏仁】
〘名〙 アンズの核の中にある胚を乾燥したもの。薬用。脂肪油、配糖体アミグダリンなどを含み、杏仁油杏仁水の原料となる。
※新札往来(1367)上「茶子者。〈略〉海苔・干棗・杏仁・干松茸」 〔本草綱目‐果部・杏・核仁・修治〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杏仁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

杏仁の関連情報

他サービスで検索

「杏仁」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.