Rakuten infoseek

辞書

李成桂【りせいけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

李成桂
りせいけい
Yi Sǒnggye
[生]忠粛王4(1335).和州
[没]太宗8(1408).漢城
朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の第1代の王 (在位 1392~98) 。全羅北道全州市出身。字は仲潔,のち君晋。号は松軒。諱は旦。廟号は太祖。女真および倭の侵入を撃退して勇名をはせた高麗の武人であった辛ぐう 14 (88) 年,明軍討伐のため出兵中に対中国外交の対象を元から明に改め,鴨緑江中の威化島で軍をかえし,ぐう王を廃して昌王を擁立,実権を掌握した。田制改革を実施し,旧特権層の地盤を打倒して自己勢力の基礎を固め,太祖1 (92) 年7月 17日即位し,翌年国号を朝鮮に改めた。開京 (現京畿道開城市) から漢陽 (現ソウル市) に遷都し,儒教を国家の指導原理と定め,成均館および各地に郷校を建て,政治制度を整備した。李成桂は即位7年目に次子定宗に王位を譲ったが,これは王位継承に関連した重臣の権力闘争に巻込まれたもので,王朝創建当初の王権および政情の不安定によるものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

り‐せいけい【李成桂】
[1335~1408]李氏朝鮮初代の王。在位1392~1398。廟号(びょうごう)は太祖。高麗(こうらい)の武将だったが、のち実権を掌握。1392年にみずから王位に就き、1393年には国号を朝鮮とした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

李成桂 り-せいけい
1335-1408 朝鮮王朝の初代国王。在位1392-98。
忠粛王4年生まれ。太祖ともよばれる。もと高麗(こうらい)の武将。高麗王を廃し,1392年新王朝をたて,翌年国号を朝鮮とした。儒教を国教とし,首都を漢陽(現ソウル)にうつす。九州探題今川了俊に使節をおくり,倭寇(わこう)の禁圧捕虜の返還をもとめた。太宗8年5月24日死去。74歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

りせいけい【李成桂 (R)I Sŏng‐gye】
1335‐1408
朝鮮,李朝初代の国王,太祖。在位1392‐98年。全州の人。彼の一族は高麗時代から咸鏡道で活躍し,父李子春は元帝国の双城摠管府に仕えた。李成桂は軍事能力にすぐれ,紅巾の乱,女真人,モンゴル残存勢力,倭寇(わこう)などの討伐に大きな功績をあげ,1370年に知門下府事となって高麗政府の中枢に入った。88年,満州を占領した明軍を攻撃する指揮官となった彼は,遼陽遠征の途上,鴨緑江下流の威化島から全軍を引き返し(威化島回軍),首都開城に入城して辛禑(しんう)王と崔瑩(さいえい)を追放し,辛昌王を擁立した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りせいけい【李成桂】
1335~1408) 朝鮮王朝(李朝)の建国者(在位1392~1398)。廟号びようごうは太祖。高麗の将軍として女真・倭寇の討伐に活躍、1388年政権を掌握、王を廃立し、中国の明と親交。92年即位して国号を朝鮮とし、都を漢城(ソウル)に定めた。イ=ソンゲ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

李成桂
りせいけい
(1335―1408)
朝鮮、李朝(李氏朝鮮王朝)の創始者(在位1392~98)。廟号(びょうごう)は太祖。先祖は代々全羅道全州に居住していたが、高麗(こうらい)末期に地方官との不和から全州を追われ、一族は咸鏡(かんきょう)道に移住し、その地方の豪族となっていた。李成桂は武勇に優れ、1363年、高麗の首都開京(開城)を占領していた中国の紅巾(こうきん)軍を破り、東北面(咸鏡道)兵馬使(軍事長官)となった。ついで高麗国王恭愍(きょうびん)王の反元親明(はんげんしんみん)政策に協力して、元の勢力を朝鮮半島から追い出し、また倭寇(わこう)の討伐にも功績をあげ、武名をとどろかせた。恭愍王の死後、高麗はふたたび親元政策に傾き、遼東(りょうとう)の明軍と戦うため遠征軍を派遣したが、これに加わっていた李成桂は、88年、鴨緑江(おうりょくこう)下流の威化島で軍を引き返し(威化島回軍)、国王昌王を追放して新しく国王恭譲(きょうじょう)王をたて、政治・軍事の実権を握った。同時に改革派両班(ヤンバン)の支持のもとに、全国の土地を測量し直し、従来の土地台帳をすべて焼却し、91年、土地改革を断行、新しい土地制度(科田法)を施行した。そのなかで李成桂は、彼に反対する高麗貴族の広大な土地を国家に没収し、彼らが所有していた奴婢(ぬひ)を解放した。また、地主の土地所有を認めるかわりに、彼らの土地にも課税し、国家の財政的基礎を確立した。92年、李成桂はついに自ら国王となったが、初めは国号も従来どおり高麗を称し、明との関係の改善に努め、93年から朝鮮という国号を用いた。翌年、首都を漢陽(後の漢城、現ソウル)に定めて遷都した。また抑仏崇儒政策を推進して仏教(寺院)勢力を押さえ、朱子学(儒教)を国教とした。98年、李成桂は、重臣を巻き込んだ王子たちの王位継承の争いのなかで退位したが、その後も王位継承をめぐる王子たちの争いは絶えず、退位した晩年は、肉身の争いに苦悩し、仏門に帰依(きえ)した。[矢澤康祐]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

り‐せいけい【李成桂】
朝鮮李朝の初代の王(在位一三九二━九八)。廟号は太祖。高麗の将軍であったが、明朝への遠征の際に反抗して高麗王を廃し、新政府を作って実権を握り、王位についた。(一三三五‐一四〇八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

李成桂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

李成桂の関連情報

関連キーワード

西園寺公宗諏訪頼重護良親王白旗城南北朝時代(日本)イルハン国竹下の戦い中先代の乱宝戒寺護良親王

他サービスで検索

「李成桂」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.