Rakuten infoseek

辞書

杉の葉【すぎのは】

精選版 日本国語大辞典

すぎ【杉】 の 葉(は)
① 酒屋の看板としてつるした杉の葉の玉。酒林(さかばやし)。転じて、酒屋。
※雑俳・柳多留‐二七(1798)「杉の葉の中からせなアよろけ出る」
② (朝顔形の枠の中へ杉の葉がつめてあったところから) 男子の小便所。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)三「杉の葉へ酔たとみへて芸子たれ」
③ (汚物を隠すため、上に杉の葉が敷いてあったところから) 武家屋敷の便所。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)三「杉の葉へたれる娘は金に成り」
④ 蚊をいぶすために燃やす杉の木の葉。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)二「杉の葉をさっさとくべて叱られる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杉の葉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

杉の葉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.