Rakuten infoseek

辞書

朱色【しゅいろ】

色名がわかる辞典

しゅいろ【朱色】
色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかなみの」としている。一般に、朱肉のような少し黄色がかった赤のこと。もとは鉱石の辰砂しんしゃから採れる天然の顔料をさしたが、非常に貴重品であるため、硫化水銀を主成分とする無機朱色顔料が作り出された。これを区別して銀朱ともいう。英名のバーミリオン(vermilion)に近い。顔料や朱肉のほか、漆器の塗装や絵の具に用いられる。中国から伝えられた五行説では「木火土金水」の「火」に相当する色を「赤」と表記し、季節では夏を表すが、夏の別名を「朱夏しゅか」というように本来は朱色とされる。方位は南で、南を守る神がすざく平城京平安京大内裏だいだいりの南門を朱雀門という。赤は朱を含む赤系統の色の総称

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅ‐いろ【朱色】
黄色を帯びた赤色。朱の色。しゅしょく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ‐しょく【朱色】
朱の色。しゅいろ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅいろ【朱色】
朱の色。朱。しゅしょく。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅ‐いろ【朱色】
〘名〙 朱の色。赤い色。しゅしょく。
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉塵労「朱色(シュイロ)の着物の上に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ‐しょく【朱色】
〘名〙 朱の色。しゅいろ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朱色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朱色の関連情報

関連キーワード

環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISX0208JISJISX0213JIS漢字水準旧JIS洗濯表示JIS X0221

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.