Rakuten infoseek

辞書

朱書(き)【シュガキ】

デジタル大辞泉

しゅ‐がき【朱書(き)】
朱で書くこと。しゅしょ。
楊弓(ようきゅう)で、200矢のうち50矢以上100矢まで的に命中すること。また、その射手。命中させた者の名をいたところからいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ‐しょ【朱書】
[名](スル)赤い字で書くこと。また、書いたもの。朱書き。「要点を朱書する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅしょ【朱書】
( 名 ) スル
朱で書くこと。朱書き。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅ‐がき【朱書】
〘名〙
① 朱で書くこと。しゅしょ。
※親子(1903‐04)〈国木田独歩〉上「東といふ名字の上に二丁目十六番地差配と朱書(シュガ)きにした瓦斯燈には」
② (楊弓で百手(ももて)(=二〇〇本)射たうち五〇本以上一〇〇本まで的(まと)に当たった者を塗板に朱書したところから) 弓道で二〇〇本中五〇本以上一〇〇本まで命中の成績を得ることをいう。
※浮世草子・好色一代男(1682)三「おりふし楊弓はじまりて、おのおのやうやう朱書(シュガキ)くらいにあらそはれしに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ‐しょ【朱書】
〘名〙 朱で書くこと。また、そのもの。朱書き
※史記抄(1477)二〇「神人があって竹二節の中に朱書のあるを原過と云者に伝て、趙母に与よと云てやりたぞ」 〔史記‐趙世家〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朱書(き)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朱書(き)の関連情報

他サービスで検索

「朱書(き)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.