Rakuten infoseek

辞書

【サツ】

デジタル大辞泉

さつ【札】
[名]紙幣。
[接尾]助数詞。書状・証文などを数えるのに用いる。「証文を一入れる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さつ【札】[漢字項目]
[音]サツ(漢) [訓]ふだ さね
学習漢字]4年
〈サツ〉
文字を書いた板切れ。「表札門札
書き付け。証文。手紙。「一札鑑札書札入札
紙幣。「贋札(がんさつ・にせさつ)
切符。「改札出札
〈ふだ〉「名札荷札
[名のり]ぬさ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さね【札】
鎧(よろい)を構成する細長い小板。鉄または革製で、1領に800~2000枚をうろこ状に連結してを作る。こざね。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふだ【札/簡】
《「ふみいた(文板)」の音変化》
目的とする内容などを簡単に書いて、人に示したり渡したりする紙片や木片。「遊泳禁止の―を立てる」「質―」
神仏の守り札。「魔除けの―」→御札(おふだ)
娯楽場などの入場券。また、乗車券、切符。「芝居の―」
「電車の―を入れる箱」〈鴎外・田楽豆腐〉
カルタトランプ花札などの、1枚1枚の紙片。「―を裏返しに配る」「絵―」
巡礼などが、祈願のために札所の柱・扉・壁などに貼る紙片。「千社―」
日給(にっきゅう)の簡(ふだ)」に同じ。
「暫しも滞るをば御―を削らせ給ひ」〈栄花・花山尋ぬる中納言〉
[下接語]合い札赤札入れ札氏子札打ち札絵札大札納め札御(お)札掛け札貸家札門(かど)札木札切り札極め札籤(くじ)札配り札下馬(げば)札小札護摩(ごま)札下げ札質札正(しょう)札捨て札素(す)札千社札立て札辻(つじ)札手札取り札名札荷札値札花札場札貼り札引き札迷子(まいご)札守り札棟(むね)札捲(めく)り札宿(やど)札・山札・読み札割り札

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふみた【札/簡】
《「ふみいた(文板)」の音変化》ふだ。
「広さ一尺許(ばか)りの板の―あり」〈霊異記・下〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふんだ【札】
《「ふみた(札)」の音変化》文字を記した板。ふだ。
「四尺の―を負ふ」〈霊異記・中〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さね【札】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さつ【札】
[0] ( 名 )
紙幣。おさつ。 「 -を数える」 「 -びら」
( 接尾 )
助数詞。手紙・証文・手形などを数えるのに用いる。 「一-書かせる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さね【札】
甲冑かつちゆうの材料となる鉄・革の小板。鱗うろこのように数多く並べ重ね、糸・革でつづる。こざね。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さつ【札】
[1] 〘名〙
① ふだ。また、書状手紙
※台記‐康治二年(1143)五月二五日「余帰家後、以札〈敦任奉〉遣俊雅朝臣
江戸繁昌記(1832‐36)初「札・、二牌、札を原牌と為し、楮を影牌と為す」
紙幣のこと。江戸時代は、兌換の対象によって、銀札金札、銭札、米札などがあり、大名、旗本、寺社、公家、町村、あるいは信用ある個人などにより発行され、定地域内やその信用力の範囲内に流通した。明治以後、政府により太政官札民部省札が発行され、明治一五年(一八八二)からは日本銀行券が主体となった。
※御触書寛保集成‐二五・宝永二年(1705)八月「領内にて金銀札遣仕候分は、いつ頃より札遣仕来候哉」
※道草(1915)〈夏目漱石〉五三「彼女は手垢の付いた皺だらけの紙幣(サツ)を、指の間に挟んで」
[2] 〘接尾〙 文書、書状、手紙、証文、手形などを数えるのに用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さね【札】
〘名〙 騎射用の甲冑(かっちゅう)を構成する細長い板。甲板、甲札、甲葉ともいう。鉄または革で作り鉄札、革札といい、一領に八百枚から二千枚を連結して作る。一枚に二行一三の孔を普通とし、下の八孔を左右連結の横縫いにする孔、上の五孔を上下に続ける威(おどし)の孔とする。形によって、荒目(あらめ)札、敷目(しきめ)札、平(ひら)札、盛上(もりあげ)札、伊予札、小札、細(こまか)札などの種類がある。
※平家(13C前)九「いくさといへば、さねよき鎧きせ、おほ太刀・つよ弓もたせて」
[補注]古くは木片であった可能性が高く、木製品であったならば、甲冑を付ければ、松の実のように頑丈であるという構造上・機能上の類似性から、植物の実と同じく「サネ」と訓じたと思われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふんだ【札】
〘名〙 (「ふみた(札)」の変化した語。「ふむだ」とも表記) =ふだ(札)
※霊異記(810‐824)中「兵士の腰を見れば、四尺の於(フムダ)を負ふ。〈国会図書館本訓釈 杜 布牟太〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

札の関連情報

他サービスで検索

「札」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.