Rakuten infoseek

辞書

札所【ふだしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

札所
ふだしょ
を納めるのこと。西国三十三所四国八十八ヵ所の札所と名づけられる霊場がある。中世から巡礼の際に,所願,国郡 (住所) ,姓名年月日を記した銅板を納める風習があり,のちには参拝記念として寺名や朱印集印帖などに押してもらうようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふだ‐しょ【札所】
巡礼者が参拝のしるしとして、札を納めたり受け取ったりする所。三十三所の観音の霊場、八十八所の弘法大師の霊場など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふだしょ【札所】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふだしょ【札所】
仏教の霊場で、参詣したしるしに札を受けたり、納めたりするところ。西国三十三所、四国八十八箇所など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

札所
ふだしょ
納札する寺の意味で、西国(さいごく)三十三所や四国八十八か所などの寺院をいう。中世から霊場巡礼の際に、納経のあと願い事、住所、姓名、年月日を記した木札を天井や柱に打ちつける風習がおこった。札所に巡礼することを「札を打つ」ともいうのは、この風習から出ている。納札には、仏・菩薩(ぼさつ)の像や仏・菩薩を梵字(ぼんじ)で標示した種子(しゅじ)などを印刷した紙も用いられた。納める風習が転じて、のちには逆に、持参した集印帖(じょう)に参拝記念として寺名や朱印を捺(お)してもらうようにもなった。[藤井正雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふだ‐しょ【札所】
〘名〙 仏教の霊場の称。巡礼者が参詣のしるしとして札を受けたりおさめたりするところ。三十三か所の観音、八十八か所の大師など。
※狂歌・古今夷曲集(1665)一〇「何番の札所と問へば長命寺順礼歌の文字の数とや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

札所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

札所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.