Rakuten infoseek

辞書

本願【ほんがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

本願
ほんがん
仏陀や菩薩が修行中に立てた衆生救済の誓願薬師仏の十二願,釈迦仏の五百大願などがあるが,特に阿弥陀仏過去世法蔵比丘であったときに立てた四十八願が著名。浄土教では,このなかの第十八願 (念仏往生の願) を本願と呼び,教義の根本においている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほん‐がん〔‐グワン〕【本願】
本来の願い。本懐。「本願を達成する」
仏語。仏・菩薩(ぼさつ)が衆生を救済するために起こした誓願。阿弥陀仏の四十八願など。本誓(ほんぜい)。
本願主(ほんがんしゅ)」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほんがん【本願】
仏や菩薩が過去世の修行の期間に立てた誓願。人々を救済しようとの根本の願い。その願いごとが弘(ひろ)いという意味で本弘(ほんぐ)誓願,略して弘誓(ぐぜい),弘願(ぐがん)ともいう。また因願(菩薩が仏になるための因としての行を修めている間におこした願の意),宿願などとも称する。すべての仏・菩薩に共通する一般的な総願と,それぞれの仏・菩薩が独自の目的でおこした固有の別願とがある。前者は四弘誓願(しぐぜいがん),四弘行願(しぐぎようがん),四弘願などといい,誓ってすべてのものをさとりの彼岸に渡そう(衆生無辺誓願度(しゆじようむへんせいがんど)),誓ってすべての煩悩を断とう(煩悩無量誓願断(ぼんのうむりようせいがんだん)),誓ってすべての仏の教えを学ぼう(法門無尽誓願学(ほうもんむじんせいがんがく),または法門無尽誓願知(せいがんち)),誓ってこの上ないさとりに至ろう(仏道無上誓願証(せいがんしよう),または仏道無上誓願成(せいがんじよう))の四つをいう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほんがん【本願】
本来の願い。
〘仏〙
仏・菩薩が衆生しゆじようを救済するために立てた誓願。本誓ほんぜい
多く阿弥陀仏の四十八願、あるいは特にその内の第十八願をいう。
「本願主ほんがんしゆ」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほん‐がん ‥グヮン【本願】
〘名〙
① 本来の願い。もとからの誓願。本懐
※万葉(8C後)五・七九四右詩「従来猒離此穢土 本願託生彼浄刹」 〔晉書‐涼武照王伝〕
仏語。仏・菩薩が過去世において、衆生(しゅじょう)を救済するために起こした誓願。阿彌陀仏の四十八願、薬師如来の十二願など。本誓(ほんぜい)。→彌陀の本願
※将門記(940頃か)「彼の本願を以て此の苦を脱るべし」 〔無量寿経‐下〕
③ 寺院、塔、仏像などを創立し、法会(ほうえ)を発起すること。また、その人。施主。本願主。
※観智院本三宝絵(984)下「本願の時よりよの人いひつたへてひひなの会といへり」
④ 中世、高野山で、念仏行者の総称。
※一言芳談(1297‐1350頃)下「宝幢院本願(ホングン)云、むかしの上人は、一期、道心の有無を沙汰しき」
⑤ 社会救済の活動を修行の一環とした半僧半俗の行者や聖のこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本願」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本願の関連情報

他サービスで検索

「本願」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.