Rakuten infoseek

辞書

本阿弥光悦【ほんあみ こうえつ】

美術人名辞典

本阿弥光悦
安土桃山・江戸前期の芸術家。京都生。号は太虚庵・自得斎。代々刀剣鑑定・研磨を家職とする。近衛信尹松花堂昭乗と共に寛永三筆の一人。家康から与えられた洛北鷹ヶ峰の地で、一族・工匠と共に創作と風雅三昧の生活を送った。寛永14年(1637)歿、80才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ほんあみ‐こうえつ〔‐クワウエツ〕【本阿弥光悦】
[1558~1637]桃山時代から江戸初期の芸術家。京都の人。号、太虚庵・自得斎など。刀剣鑑定の名家である本阿弥家の分家に生まれる。書・陶芸漆芸などにすぐれ、元和元年(1615)徳川家康より洛北の鷹ヶ峰の地を賜り、芸術村を営んだ。書は寛永の三筆の一人で、光悦流の始祖。陶芸・漆芸でも光悦楽焼光悦蒔絵(まきえ)の創始者として一家をなした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

本阿弥光悦 ほんなみ-こうえつ

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

本阿弥光悦 ほんあみ-こうえつ
1558-1637 織豊-江戸時代前期の芸術家。
永禄(えいろく)元年生まれ。本阿弥光二の長男。母は本阿弥妙秀。刀剣の鑑定・研磨の家職のほかに,書画,蒔絵(まきえ),陶芸などにすぐれ,茶道,築庭にも長じた。とくに書は光悦流をおこし近衛信尹(のぶただ),松花堂昭乗とともに寛永の三筆にかぞえられる。その書を版下にして角倉(すみのくら)素庵の協力によって刊行した嵯峨(さが)本は有名。晩年徳川家康からあたえられた洛北(らくほく)鷹峯(たかがみね)に芸術村をつくった。寛永14年2月3日死去。80歳。京都出身。号は自得斎,徳友斎,太虚庵。作品に楽茶碗「不二山」「雨雲」,蒔絵「舟橋蒔絵硯箱(すずりばこ)」,墨跡「立正(りっしょう)安国論」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ほんあみこうえつ【本阿弥光悦】
1558‐1637(永禄1‐寛永14)
桃山・江戸時代初期を代表する書画,漆芸,陶芸に通じた芸術家。京都の人。号は太虚庵,自得斎,徳有斎など。京都で代々刀剣の鑑定・研磨を本業とする上層町衆で,法華信徒の本阿弥家の分家に生まれる。父光二は多賀宗春の次男で,本阿弥宗家7代光心の婿養子となる。母妙秀は光心の長女。彼の交際範囲は広く当代の知名人士と関係があり,物心ともに影響力をもった。加賀の前田家から200石の食知を父光二についでうけ,のち孫光甫の子光山が加賀本阿弥家の祖となる。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

ほんあみこうえつ【本阿弥光悦】
1558~1637) 安土桃山・江戸初期の芸術家。京都の人。号は太虚庵・自得斎・徳友斎。刀剣鑑定を中心とした家業のほかに陶芸・書画・漆芸などに天分を発揮。特に書は光悦流をひらき近衛信尹のぶただ・松花堂昭乗とともに寛永の三筆といわれた。晩年徳川家康より洛北の鷹ヶ峰の地を賜り、多くの工芸家とともにいわゆる光悦村を形成し、琳派のもとを開いた。ほんなみこうえつ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

本阿弥光悦
ほんあみこうえつ
[生]永禄1(1558).京都
[没]寛永14(1637).2.3. 京都
安土桃山~江戸時代初期の芸術家。本阿弥光二の長男。通称は次郎三郎のち光悦。号は自得斎,徳有斎,太虚庵。家業の刀剣の研磨,鑑定はもちろん,書,製陶,蒔絵,茶道などにも精通した。書は独自の光悦流を創始し,俵屋宗達などに下絵を描かせた料紙との調和美を誇る和歌を多く書き,近衛信尹 (のぶただ) ,松花堂昭乗とともに寛永の三筆と称された。製陶では国宝の『楽焼白片身替茶碗』 (銘,不二山) ,『楽焼黒茶碗』 (銘,雨雲) をはじめ,楽焼茶碗に傑作を残した。蒔絵は古典に主題を求めたものが多く,鉛,錫,青貝を使用した国宝『舟橋蒔絵硯箱』 (東京国立博物館) が代表作。また,角倉 (すみのくら) 素庵らとともに,豪華なひらがな活字本の謡曲「嵯峨本」を刊行した。茶道は初め古田織部を師としたが,のち武野紹鴎系統の佗茶に傾倒した。絵画,彫刻には確証ある遺品はない。元和1 (1615) 年徳川家康から洛北の鷹ヶ峰の敷地を与えられ,一族,配下の工芸家を集めて芸術村をつくった。彼の行状を孫の光甫が『本阿弥行状記』にまとめている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

本阿弥光悦
ほんあみこうえつ
(1558―1637)
桃山から江戸初期にかけての芸術家。京都の人。号は太虚庵、自得斎、徳友斎など。本阿弥家は足利尊氏(たかうじ)に仕えたと伝える初祖明本(みょうほん)以来、刀剣の磨礪(とぎ)・浄拭(ぬぐい)・鑑定(めきき)の三事を業として栄えてきた有力な上層町衆で、光悦の曽祖父(そうそふ)本光(ほんこう)の代より、熱心な法華宗(ほっけしゅう)信徒の家柄でもあった。光悦は7代光心の長女妙秀を母とし、光心の養嗣子(しし)となって分家した光二を父とする。1615年(元和1)徳川家康より拝領の鷹峯(たかがみね)に一族や多くの工芸家とともに移住し、光悦村とよばれるいわば芸術村を開き、近世初頭の日本美術史上に偉大な足跡を残した。寛永(かんえい)14年2月3日没。鷹峯の光悦一族の位碑(いはい)所はのち寺堂となり、光悦寺と称する。[尾下多美子]

光悦の芸術

光悦は、家職はもちろん、さまざまな分野で優れた足跡を残しているが、ことに能書で聞こえ、近衛信尹(このえのぶただ)、松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)と並んで「寛永(かんえい)の三筆」と称された。初め尊朝(そんちょう)法親王より青蓮院(しょうれんいん)流の書法を学んだと伝えるが、日本書道史上かつてなかった華麗で装飾性あふれる独自の書風を創出した。線の細太、運筆の速度に際やかな変化をつけ、文字の姿を瀟洒(しょうしゃ)に変形させた個性的な書である。彼の愛蔵にちなむという「本阿弥切(ぎれ)」の名が物語るように、古筆、上代様(じょうだいよう)を土壌としたものであり、また楷書(かいしょ)の文字には、当時の数寄(すき)者たちの間でことに尊重された南宋(なんそう)の書家張即之(ちょうそくし)の影響も色濃くうかがえるが、それらすべてを彼自身の血肉と化し、さらに桃山という時代精神のもとで大きく開花させた。ことに、慶長(けいちょう)(1596~1615)から元和(げんな)(1615~24)の初めにかけて精力的に制作された詩歌巻に彼の真骨頂が発揮されている。これは、俵屋宗達(たわらやそうたつ)らの手になると伝える金銀泥をふんだんに用いた豪華な下絵の料紙に揮毫(きごう)したもので、伝存するものに「四季草花下絵和歌巻」「鶴下絵和歌巻」「鹿下絵和歌巻」などがある。このほか、角倉素庵(すみのくらそあん)が財力を注いで刊行した嵯峨(さが)本の版下揮毫、1619年(元和5)に集中する『立正安国論(りっしょうあんこくろん)』などの仏書、そしてかならず年記を加えた寛永年間(1624~44)の『和漢朗詠集』の数々などと、特筆すべき能書活動を伝える。寛永14年80歳で没するまで創作意欲は横溢(おういつ)したが、晩年の書には筆力の衰えと線の震えが目だつ。彼の書風は、素庵、烏丸光広(からすまみつひろ)、小島宗真らに継承され、光悦流という一大潮流を形成して、元禄(げんろく)(1688~1704)のころまで流行した。
 一方、光悦の作陶は鷹峯隠棲(いんせい)以後活発化し、「不二山」(国宝)のほか、多くの楽茶碗(らくちゃわん)の優品が伝存する。また「舟橋蒔絵硯箱(ふなばしまきえすずりばこ)」(国宝、東京国立博物館)、「樵夫(しょうふ)蒔絵硯箱」(重文、静岡・MOA美術館)など光悦蒔絵の呼称で親しまれる一連の作品も残している。高度な専門技術を要する蒔絵の制作に彼自ら携わったとはとうてい考えることはできないが、豊かな古典の素養に基づいた斬新(ざんしん)な意匠、装飾的な技法は光悦自身の発想によるものであろう。漆工史上もっとも魅力的というべき重要な遺品である。[尾下多美子]
『小松茂美監修『日本名跡叢刊 23・34・71 本阿弥光悦 書状他』(1978、83・二玄社) ▽中田勇次郎編『書道芸術 18 本阿弥光悦』(1976・中央公論社) ▽小松茂美著『光悦書状 1』(1980・二玄社) ▽山根有三編『水墨美術大系 10 光悦・宗達・光琳』(1977・講談社) ▽林屋晴三編『日本のやきもの 10 光悦』(1977・講談社) ▽赤沼多佳著『陶磁大系 18 光悦・道入』(1977・平凡社) ▽岡田譲他著『光悦』(1964・第一法規出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本阿弥光悦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本阿弥光悦の関連情報

他サービスで検索

「本阿弥光悦」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.