Rakuten infoseek

辞書

本調子【ほんちょうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

本調子
ほんちょうし
日本音楽の用語三味線の代表的な調弦名称。各開放弦を一のから完全4度,完全5度と調弦したもので,相対音名シ・ミ・シとなる。歌い手や合奏する楽器音域によって音高を適宜定め,たとえば一の糸の開放黄鐘 (おうしき。イ音) に合せると,二の糸は壱越 (いちこつ。ニ音) になり,これを一本の調子 (ときには二の糸を基準にして六本の調子とも) という。本調子の二の糸を1音上げると二上りとなり,本調子の三の糸を1音下げると三下りの調弦となる。このほか,本調子の一の糸を1音半上げた一上りや,一の糸を1音下げた一下りなどもある。本調子はいちばん基本的なものであるから,調弦名を記した唄本でも特に記されていないことが多く,浄瑠璃などでナオル,ナオスという場合も,他の調弦から本調子に戻ることをいう場合が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほん‐ちょうし〔‐テウシ〕【本調子】
三味線の最も基本的な調弦法。第1弦と第2弦の間が完全4度、第2弦と第3弦の間が完全5度、第1弦と第3弦の間が完全8度をなすもの。また、それで演奏される調子。
本来の調子。本当の調子。また、物事がうまく運ぶこと。「退院したがまだ本調子ではない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほんちょうし【本調子】
三味線の調弦法と調子の名称。三味線の基本となる調弦法で,もっとも太い弦(第1弦,一の糸)と真ん中の弦(第2弦,二の糸)との音程が完全4度,真ん中の弦ともっとも細い弦(第3弦,三の糸)との音程が完全5度になるように調弦したもの。三味線には絶対音高はないから,3本の糸がシ・ミ・シの関係にあれば,全体の弦の音の高さは関係がない。この本調子はもっとも古くからある調弦法で,浄瑠璃はこの調弦を基本とする。本格,堂々,荘重,古風な気分を表すのに適していると考えられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほんちょうし【本調子】
三味線の調弦法の一。第一弦を基準(絶対音高の定めはない)として、第二弦は完全四度高く、第三弦は完全八度高い。三味線の各種の調弦法のうち最も古く、基本的なものとされる。
本当の調子が出ること。物事の運びが本式であること。 二回戦からやっと-になる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほん‐ちょうし ‥テウシ【本調子】
〘名〙
① 三味線で、最も古い基本的な調弦法。第一弦と第二弦とは四度音程、第二弦と第三弦とは五度音程、第一弦と第三弦とは八度音程をなす。この調子の曲は概して荘重で、優雅。二上(にあが)り・三下(さんさが)りなどはこの調子から派生した。
※歌謡・松の葉(1703)五・歌音声「中比より二上りの調子を用ひて、此節をうたへる事も有。これには本調子と連弾よし」
② 本当の調子。本来の調子。転じて、物事の運びが本式なこと。
※習道書(1430)「ふえをほんなれはとて、本てうしのままに心もなくふきとをらば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本調子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本調子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.