Rakuten infoseek

辞書

本草和名【ホンゾウワミョウ】

デジタル大辞泉

ほんぞうわみょう〔ホンザウワミヤウ〕【本草和名】
平安時代の本草書。2巻。深根輔仁(ふかねすけひと)著。延喜18年(918)ごろ成立。本草約1025種の漢名に、別名・出典・音注・産地をつけ、万葉仮名和名を注記したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほんぞうわみょう【本草和名】
平安前期にできた日本最初の漢和薬名辞書。大医博士深根輔仁(ふかねのすけひと)が醍醐天皇勅命をうけて延喜年間(901‐923)に著した。《和名本草》《新抄本草》などの書名のほか,《輔仁本草(ほにんほんぞう)》の名もあった。当時の官医のテキストであった唐の《新修本草》を主体とし,その他の書籍に収載されている薬物の漢名に和名を当て,和産の有無,産地を注記してあり,平安前期の日本国内の動・植・鉱物名を知るうえに重要な資料となっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほんぞうわみょう【本草和名】
本草1025種に異名・産地などをあげ、和名を真仮名で記した我が国最古の本草書。二巻。深根(または深江)輔仁撰。延喜年間(901~923)成立。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

本草和名
ほんぞうわみょう
平安時代の本草書。918年(延喜18)ころに深根輔仁(すけひと)が著した。『新修本草』およびその他の中国本草書に収載されている薬物について、その別名、和名、産地などを記したもの。和産の薬物について、漢名に和名をあてたのは本書が最初である。現在に伝存するものは1796年(寛政8)に多紀元簡が復刻したもので、薬物の分類や配列をすべて『新修本草』に倣っているので、現在完本が残されていない『新修本草』の復原に際しても価値が高い。[難波恒雄・御影雅幸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほんぞうわみょう ホンザウワミャウ【本草和名】
平安初期の本草書。二巻。深根輔仁撰。延喜一八年(九一八)撰。唐の「新修本草」に記載の薬物について異名・起源・用途などを解説し、和名を記した一種の薬物辞典。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本草和名」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本草和名の関連情報

他サービスで検索

「本草和名」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.