Rakuten infoseek

辞書

本能寺【ほんのうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

本能寺
ほんのうじ
京都市中京区にある法華宗本門流本山の一つ。応永 22 (1415) 年日隆が本応寺として五条坊門に創建したことに始る。永享5 (33) 年六角氏の援助のもとに六角大宮に移転し,本能寺と改めた。天文5 (1536) 年天文法華ののとき焼亡したが,同 14年日承が再建天正 10 (82) 年本能寺の変焼失し,のち在の地に移った。国宝『伝藤原行成筆書巻』を所蔵する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほんのう‐じ【本能寺】
京都市中京区にある法華宗本門流の大本山。山号は、卯木山。開創は応永22年(1415)。開山は日隆。もと五条坊門にあり、本応寺と称したが、のちに改称天文法華の乱本能寺の変などで焼失、天正17年(1589)豊臣秀吉により現在地に移転。現在の建物は昭和3年(1928)建立境内織田信長供養塔がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほんのうじ【本能寺】
京都市中京区にある法華宗(本門流)の本山。妙顕寺から分かれた日隆が1415年(応永22)油小路高辻と五条坊門の間(現,下京区)に開創,29年(永享1)内野(うちの)に再建。当初〈本応寺〉と書き,のち本能寺に改めた。以後幾度かの災厄にあったが,京都町衆を基盤洛中で寺基を転々としながら中世後期には京都二十一ヵ本山の一つに発展した。1536年(天文5)天文法華の乱で叡山衆徒に焼打ちされたが,乱後,伏見宮家の出身だった当寺中興の日承(にちじよう)が大伽藍を造営,黄金期を迎えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほんのうじ【本能寺】
京都市中京区寺町通御池にある法華宗本門流の大本山。山号、卯木山。1415年日隆が五条坊門に創建した本応寺に始まる。のち本能寺と改称。1582年本能寺の変により焼失。再建途中、豊臣秀吉によって現在地に移る。境内に信長供養塔がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

本能寺
ほんのうじ
京都市中京(なかぎょう)区下本能寺町にある法華(ほっけ)宗本門流の大本山。1415年(応永22)日隆の創立で、当初は五条坊門にあって本応寺と号したが、33年(永享5)六角大宮に移転して本能寺と改めた。天文(てんぶん)の乱(1536)により全焼し、1545年(天文14)四条西洞院(にしのとういん)に方四町の寺域を賜り、子院30余坊を構える大殿堂を復興して前後7回再建中最大の規模を誇った。しかし1582年(天正10)織田信長宿泊中に明智光秀(あけちみつひで)の襲撃にあって焼失、再建の途中、豊臣(とよとみ)秀吉の区画整理にあい、89年に現在地に移転した。1864年(元治1)の蛤御門(はまぐりごもん)の変でまた全焼したため仮本堂を建立、1928年(昭和3)に現本堂を落慶。日隆の遺戒を守り、当寺は布教の道場、兵庫県尼崎(あまがさき)市の本興寺は教学の道場として、ともに山号を用いず、両寺一貫首制であったが、108世以後、別置された。境内に信長公本廟(ほんびょう)がある。寺宝に花園(はなぞの)天皇宸翰(しんかん)、伝藤原行成(ゆきなり)筆古詩残巻などの国宝がある。[浅井円道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほんのう‐じ【本能寺】
京都市中京区下本能寺前町にある法華宗本門流の大本山。山号は卯木山。応永二二年(一四一五)日隆が創建。はじめ本応寺といい油小路高辻と五条坊門との間にあったが、永享五年(一四三三)六角大宮に移り現名に改称。天文年間(一五三二‐五五)日承が四条西洞院付近に再興。天正一〇年(一五八二)本能寺の変で焼失。同一七年豊臣秀吉が現在地に移した。境内に織田信長の供養塔がある。所蔵する伝藤原行成筆書巻は国宝。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本能寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本能寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.