Rakuten infoseek

辞書

本書【ホンショ】

デジタル大辞泉

ほん‐しょ【本書】
《「ほんじょ」とも》
主となる文書。添付文書・付録などに対していう。
正式の文書。下書き・写しなどに対していう。
基準となる本。原本。正本(しょうほん)。
この文書書物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほんしょ【本書】
添付文書や付録に対して、主となる文書。
下書きや写しに対して、正式の文書。
この本。この書物。
ほんじょと読む 各宗派開宗の根本を述べた書物。浄土宗の選択本願念仏集、浄土真宗の教行信証、日蓮宗の立正安国論など。本典。御書。根本聖典。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほん‐しょ【本書】
〘名〙 (古く「ほんじょ」とも)
① 文書・書籍の主部、本体となる部分。副進文書(添状・具書)・注釈・付録などに対していう。本文。正文(せいぶん)
※今鏡(1170)四「天台の止観とかいふふみを、〈略〉本書ばかりはつたへさせたまひてけり」
② 正式の文書。正文(しょうもん)。下書き・写しに対していう。
③ 基準・根拠となる本。正本(しょうほん)。原本。
※能序破急事(1418)「此本書、花習内 題目六ケ条事書八ケ条也」
④ 党派・宗派・流派などで、最も重んじられる書物。基本とされる書物。
※中右記‐大治四年(1129)六月二日「但諸道雖有本書、必有私説口伝」
⑤ 話題にしている、この文書、書籍。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「本書全篇に論ずる所の利害得失は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.