Rakuten infoseek

辞書

本山(町)【もとやま】

日本大百科全書(ニッポニカ)

本山(町)
もとやま
高知県中北部、長岡郡の町。1910年(明治43)町制施行。1955年(昭和30)吉野村と合併。国道439号が通じる。四国山地中に位置し、中央部を吉野川上流が縦谷となって東流。南岸に立地する中心地本山は戦国時代には本山氏の本拠地で、本山城跡が残る。古代、南海道が通過し、吾椅(あがはし)駅が所在したとする説もある。近世は土佐藩参勤交代道の経由地で、土佐藩はこの地に重臣を配した。土佐藩執政野中兼山もこの地を拝領、帰全山公園(きぜんざんこうえん)には兼山の母方秋田氏の墓地がある。北部の白髪(しらが)山(1469メートル)一帯はかつて土佐藩林で、現在は林野庁の四国森林管理局による天然ヒノキの保護林もあり、白髪山県立自然公園に指定され、木材のほかコウゾを産する。南西部の土佐町との境には四国の水甕(みずがめ)の早明浦ダム(さめうらだむ)がある。農業は、米作のほかに野菜栽培や肉用牛肥育などが行われている。帰全山公園はシャクナゲの名所となっている。面積134.22平方キロメートル、人口3573(2015)。[大脇保彦]
『『本山町史』(1979・本山町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本山(町)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本山(町)の関連情報

関連キーワード

新聞小説フレーブニコフワチラウットフレーブニコフ田岡嶺雲ニコラ1世アフリカ神話有島武郎桂太郎内閣都市気候

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.